年賀状いまむかし

年賀状というアナログ を読んで、しみじみ。

年賀状の季節です。
手書きの年賀状は出すことももらうこともめっきり減りました。

コドモの頃は、石膏板やゴム板を彫刻刀で彫って、
インクを塗って、バレンでこすって、
一生懸命刷り上げたものです。
そうそう、下絵を書いて、裏返して、板に写して、と大変だったなあ。
もう数日がかりの大仕事で、
冬休みのはじまりは、いつもこれだったような気がします。
部屋中、ごみだらけ(削りカスだらけ)になってしまい、
大掃除もどこへやら、って。

それがプリントゴッコになって、ものすごく楽になり。
あれは画期的でした。
失敗も少ないし。
10年以上、愛用してました。

パソコンで作れるようになっても、
しばらくは裏だけはプリントゴッコでしたが、
やはり、お気楽さにはあらがえず、
とうとう、ここ数年は、両面パソコン印刷です。

どうしても、の人にだけ、ひとこと書き込んだりしています。
そのうち、本当に近しい人にだけ絞った年賀状を作るようになったら、
また手作り、復活させたいな。
by hao3chi1 | 2004-12-20 13:28 | 日記 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/112277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 好奇心日和 at 2004-12-22 20:27
タイトル : 年賀状というアナログ 
いつのまにか年賀状を書くことが億劫になってしまった。 年の暮れも押し迫った本日、ようやく購入した年賀状。 白紙に何色を描こうか迷うものの、哀しいかな今年も間違いなくパソコンまかせ。 なのに、年賀状が届くのは楽しみ。 自宅のポストを開けるときの高揚は、受信トレイにメールが届く気分とはまったく異なる。 遠くはるばる運ばれてくる一枚の紙切れ、というこのアナログ感がたまらないのだろう。 旅先から手紙を書くひとときのように、アナログなやりとりを楽しめる自分でありたい。... more
Commented by sachikoukisin at 2004-12-20 23:56
TBありがとさんでーす。
プリントゴッコ懐かしいですねー、よく売れてたみたいだけどパソコンは人間の生活をすっかり変えてしまったみたいで。。。
いいんだか悪いんだかですね♪
Commented by hao3chi1 at 2004-12-22 12:22
ほんとですね。
便利になった分、ゆとりもできたはずなのに。
じっと手を見る、です。
<< 柚子とかぼちゃ 冬の飲み物 >>