今年のベランダ園芸

永田農法にあこがれつつも、近隣のホームセンターでは日向土を売っていなかったこともあって、
今年の夏は、ごく普通の「花と野菜の園芸土」でもって、ベランダ園芸をやっています。
去年はせいぜい、朝顔止まりだったのですが、
それが結構、うまくいったこともあり(種がたくさん取れたし、毎朝、お花を見るのが楽しかった)、更にグレードアップ。
ミニトマト、ピーマン、小松菜が朝顔に加えて、仲間入りしました。
ミニトマトはなんと、種から育てているのでまだまだ成長途上ですが、
ピーマンは早速花が咲き、ちびちびピーマンが日に日に大きくなっています。
小松菜は既に、みそ汁の具として食卓に登場。
やはり自分で育てたものは、おいしいですわ〜。
アブラムシやハトの襲撃とバトルしながら、
ベランダで楽しく遊ばせてもらっております。
by hao3chi1 | 2009-06-15 06:27 | 日記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/11752652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukun2008 at 2009-06-15 07:44
おはようございます♪
ベランダ園芸で野菜ができるんですね(笑) 確かに虫や鳥の攻撃と闘う必要はありますが、とれたて新鮮プチトマトとか、美味しそうですね(笑)
Commented by gilko at 2009-06-16 01:53
haoさま、既にご存じの通り、食べられる園芸はとっても楽しいものです(笑) お味噌汁の小松菜... いいなぁ。ミニトマトは私もよく育てていたものですが、毎朝感謝しながら、愛しい実を収穫していましたよ。引き続き楽しんでくださいませ!
Commented by hao3chi1 at 2009-06-18 05:35
yukunさん、そうなんですよ。自分で作った野菜は、おいしさも一段とアップしてます。プチトマトはつぼみをつけました。実るのが楽しみです。
Commented by hao3chi1 at 2009-06-18 05:37
gilkoさん、元々は「新型インフル時籠城対策」として、小松菜はまいたものです。乾物類はストックできても、青物はどうすんの?と考えた末、自分で作ってみました。趣味と実益でなかなかよいです。
<< やめないこと シュールなフランス語講座 >>