ピーラー

「切れ味がいい」ということは、早く「なまくらになる」ということにつながるのかどうか...
10年以上愛用した、ピーラーを手放し、貝印の新しいやつに替えたのは1年以上前だったでしょうか。
使い始めた当初は、その切れ味に感動し、
こんなことならもっと早く、新しくすれば良かった、とここにも書いたような気がします。
そのピーラーですが、
ここのところ、急激に切れ味が落ちてきました。
じゃがいもの皮むきで上滑りするようになり、
昨日はとうとう、怪我寸前に。
爪の一部を切っただけで済みましたが、あやうく指の先をざっくり飛ばしてしまうところでした。
ひゃ〜。
ピーラーは研ぎようもないので、新しくすることを考えた方がいいかもしれません。
前のに比べると、
なんだか短い寿命だったなあ、なんて。
だったら、こんな立派なステンレス製でなくてもいいか、なんて思ったりもしてます。
by hao3chi1 | 2009-09-17 05:23 | 日記 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/12366657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukun2008 at 2009-09-17 07:32
おはようございます♪ ピーラーは百円のものしか買ったことがありませんが、高級品でも同じようにダメになるんですね(泣) 大学時代の友人が貝印の技術責任者になっていますのでもっといいモノを作るようにキツく言っておきますね~!
Commented by nihaoperio at 2009-09-17 23:17
うちのステンレス製ピーラーも最近いまひとつなんですよー。
元々刃の部分がくるくる動くものなんですけど、どうも上滑りしてしまって。
15年使っていた(昔「オレンジハウスっていう所で買ったもの)無骨な見かけだったピーラーが懐かしいですー。
買い換えようかしら・・・。
Commented by hao3chi1 at 2009-09-18 05:44
yukunさん、よろしくお願いしますねー(笑)。最初は本当に感動するくらい良かったんですけどね。どっかの車と一緒で、「買い換えが来るように」作られてるんじゃないか、と邪推したくなります。
Commented by hao3chi1 at 2009-09-18 05:45
おや、ぺりおさまのところも。オレンジハウス、ありましたねー。生活雑貨中心のお店。懐かしいです。そっか、そういえばもうないですね。
ピーラー、今度はスーパーで売ってる、普通のでいいか、と思っているところです。
Commented by 原田(カイタッチ・プロジェクト at 2009-11-13 13:32 x
突然のコメント投稿で失礼いたします。
貝印 カイタッチ・プロジェクト!担当者の原田と申します。
現在貝印では、貝印についてブログで取り上げていただいたお客様に、直接コミュニケーションをとらせていただく「カイタッチ・プロジェクト!」という活動を行っており、コメントをさせていただきに参りました。
カイタッチ・プロジェクト!について、詳しくはURL欄のサイトをご覧下さい。

この度は、弊社ピーラーをご愛用下さり、誠にありがとうございます。
しかし、1年ちょっとで切れ味が落ち、お怪我をされそうになったとのこと、誠に申し訳ございません。
ピーラーは、一部商品を除き、替刃無しの使いきりとなっており、使用頻度によっては早く切れ味が落ちてしまう場合がございます。
「そんなに使っていないのに…」ということでしたら、貝印ウェブサイトの「お問い合わせ」よりご連絡いただければと思います。

感動していただいた使い始めの切れ味が長持ちするような商品をお届けできるよう、努力してまいります。

※弊社サイトにリンクを貼らせていただきますが、不都合等ございましたら、ご連絡下さい。
Commented by hao3chi1 at 2009-11-20 06:27
貝印の原田様。コメントありがとうございます。(もしかして、yukunさんのお友達かしら?と思ったりもしましたが...)その後、そのままピーラーは使用しております。刃の部分が洗いにくいので、野菜などのアクが残り、劣化していくのではないかと思います。カイタッチ・プロジェクト!応援してます。
Commented by yukun2008 at 2009-11-21 09:45
おはようございます♪ピーラーは錆びたのがあるだけで、人参やジャガイモの皮むきをやらされる度に新しいのが欲しいと文句をいいながら使っていますね(笑) 貝印のって長持ちするのかな?
<< ノートいろいろ 続けること >>