シナモンロールの正しい食べ方

甘いものは苦手、といいながら、
スターバックスでシナモンロールをよく食べます。
温めてもらうと、周りのお砂糖と中のシロップがうまく溶けて、
あまーい、おいしーい、となります。

で、いつもいつも、どうやって食べるかが問題。

最初にやったのは、
くるくる巻いて作ってあるので外側からくるくるはずして、食べました。
最後はさざえの中身みたいになって、なんかちょっとしょぼくれちゃった感じに。
手もべたべたになるし、最後だけフォークで食べるのもどうか、と。
残った中心部分をみしょっと潰して食べたり。
口の中には甘いシロップの余韻が残るので、いい感じではあります。

次にやったのは、
中心からずぼっと抜き出して食べるやり方。
手ではちぎれず、フォークで取り出したけど、
最後、外側だけ食べるのが味としては今ひとつ。ぱさぱさになるし。
やっぱり、フィナーレは「おお、おいしいぞー」と終わりたいので。

今回、試したのは、
何も考えず、がぶっとかぶりつく食べ方。
鼻の頭、ほほ、あご、口の周りにお砂糖がつき、すごい顔になります。
コドモならほほえましくていいけど、ねえ。
外と中をいっぺんに食べることになり、味としては期待してましたが、
とにかく食べることに一生懸命になってしまい、
味は印象に残らず。あらら。

というわけで、
決定的な食べ方には未だ行き着かず。
シナモンロールの試行錯誤は次回持ち越されました。
by hao3chi1 | 2004-12-22 12:21 | スターバックス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/125207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年一番印象深かったスポーツシーン 柚子とかぼちゃ >>