桃太郎ぶどう

岡山の親戚から、
「桃太郎ぶどう」
という、ぶどうをいただきました。
なんでも、「岡山で今、流行っている」とか。

丁寧に梱包された箱を開けると、
うわー、大きなブドウ。
(このあたり、まさに、桃太郎伝説っぽいのですが。)
マスカットと同じ、黄緑色で、しかも、一粒が姫リンゴくらいあり、さらにその形が、桃っぽい。
説明では、
「種もなく、皮ごと食べられます」と。

まずは、ひとつぶ.....お。おいしい。
初冬にこんな甘くておいしいブドウが食べられるとは、感激です。
(このブドウのシーズンは、7〜11月だそうです。)
お取り寄せしてまた食べたいくらいの美味!

もし、機会があれば是非一度、食べてみてくださいね。
by hao3chi1 | 2009-11-14 16:35 | 食べるもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/12954731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kadoorie-ave at 2009-11-14 20:01
岡山は果物の宝庫ですもんねえ♪(はるかな目でうっとり。)倉敷の個展でも、差し入れにブドウをいただきました。グロー・コールマンという品種でした。冬のブドウで、98%が岡山産なのだとか...ポピュラーなのかもしれませんが、知りませんでした...。皮が薄くておいしかったので、むかずに食べました。
「桃太郎ぶどう」、もうもうすごーくおいしそうですねえ、うらやましい〜。(どれどれと思って調べたらセレブなお値段でした...)。いつか...きっと!です。
Commented by hao3chi1 at 2009-11-15 13:43
小学生の頃、社会科で「果物王国、岡山」と習いましたー。ネットではセレブな「桃太郎ブドウ」ですが、たぶん、地元のスーパーあたりにはそこそこ、おいしい同じブドウが売ってそうな予感がします(ヂモティならではの勘)。誰かに手みやげかお見舞いで持って行くとしたら、絶対これ(夏なら、清水白桃)と確信した、おいしさでした。
<< 買ってしまいました、Kindle なんとか乗り切る >>