今年一番印象深かったスポーツシーン

もうそろそろ、今年一年を振り返ってもいいかな、と。

先日の朝日新聞に「今年のサッカーニュース・トップテン」が出てました。
トップは浦和レッズの優勝。
文句のないところですが。

私個人で一番印象深かったのは、
やっぱり、アジア杯の準々決勝と準決勝。
炎のPK戦は思わず泣いてしまいました。
ゴールチェンジを英語で交渉した宮本キャプテンにはしびれました。
あのような緊迫した場面で、英語で堂々と主張するなんてすごい。
NHKの英語番組にゲストとして呼んで欲しいと思っております。
絶対見ます。
もちろん、GK川口のスーパーセーブも感動しました。

そして、延長を延々と戦い抜いて、一発を決めた玉田選手が
試合終了のホイッスルと同時にグラウンドに大の字に倒れこんだのも
心打たれました。
勝った喜びもさることながら、
あー、この人はサッカー大好きなんだーというのが伝わってきまして、
じーん。
水もって駆け寄った控え組も姿にもじーん。
いやー、サッカーってよいなー、おもしろいなー、と実感したのでした。

私の中ではこの2試合が一番よかった、今年のスポーツシーンです。
by hao3chi1 | 2004-12-23 14:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/132788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< タートルネック シナモンロールの正しい食べ方 >>