上村松園展に行ってきました

c0001438_11264874.jpg

(PENTAX W90にて撮影)

会期終了間近の「上村松園展」に行ってきました。
「序の舞」に憧れること、十年以上。
ずっとずっと、生で見たい、と思っていたのが、ついに叶いました。

開場まもなくに入場。
それでも場内は混み合っていました。
音声ガイドをお借りして、1枚1枚じっくりと見ていきます。
(ガイドは女優の原田美枝子さん。彼女の雰囲気も相まって、とてもわかりやすく、絵が身近に感じられました。)

日本画ならでは、松園さんならではの、心細やかな描写に引き込まれます。
そして、1枚の絵を仕上げるために描かれた数々のデッサン。
こうした習作からあのような作品ができあがったのだと感嘆しました。

そして、会場ラストが「序の舞」。
もうなんだか、見た瞬間、涙ぐんでしまい、タオルハンカチを出して、ぐすんぐすん...
ふと見れば、他にも涙目の女性も。
説明できない何かが絵から圧倒的に流れ込んできます。
構図がどうとか、画風がどうとか、そういうことではなくて、
なにかもう、気持ち的に絵の何かに同化してしまい、号泣寸前でした。
すばらしい。

東京での公開は17日で終了します。
11月2日から、京都での公開となります。
本当に、これはこの秋イチオシの美術展です。
by hao3chi1 | 2010-10-17 11:36 | 日記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/15303533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by happy-smile-frog at 2010-10-17 20:36
京都の方行ってみようかな…。
カエル
Commented by yukinachan55 at 2010-10-18 00:12
こんばんは。
良かったですね。
美術館なら大阪より東京の方がずっと多くて
見やすいんだけど
大阪には松柏美術館があります。
こじんまりした素敵な美術館で
たまに思い出したように行きます。
Commented by nihaoperio at 2010-10-18 22:42
はおさん、行かれたのですね~。
私はとうとう行かれずじまいでした。
でも、昔見た絵がまだ強烈に頭に残っているので、それを思い出しながら楽しみます。
序の舞の絵は、何か内に秘めた想いが伝わってくるような気がして。
宮尾登美子の「序の舞」を読んだ後に見たので、余計に惹かれるものがありました。
Commented by hao3chi1 at 2010-10-19 15:12
カエルちゃま、おすすめです。是非、足を伸ばしてみてください。
Commented by hao3chi1 at 2010-10-19 15:13
ゆきんこさん、そうですね、大阪には松柏美術館があるのでした。今回の展示では、宮内庁所蔵のものもあり(期間限定)、見応えがありました。
Commented by hao3chi1 at 2010-10-19 15:14
ぺりおさん、行ってきました〜。宮尾登美子の『序の舞』、新聞連載当時にちら読みしてた記憶があります。買ってきてもう一度、読んでみることにしました。
<< 本を買うとき 明日に向かう光 >>