保存容器もパラダイム・シフト

熱源が電気からガスへとシフトすると、
それに付随するさまざまなものにも影響が出てきます。

たとえば、残り物を入れる保存容器。
これまで、つまり電子レンジがあった頃には、
・パイレックス
・陶器
・タッパー系
が主流でした。
残り物を入れ、冷蔵庫で保存、出してレンジでチン、はい、ほかほかね、というわけでした。

しかし。

電子レンジなき今、これらの保存容器は、熱源(ガス)にそぐわないことが徐々にわかってきました。
どれも、「直火禁」ですからね。
もちろん、「残さず食べる」が実行できていれば、冷蔵庫の負担にもならずに済むわけですが、
なかなかそうも参りません。
(毎回、残さず食べていると、体の過エネになってしまう...)
そんな状況下で、再び、登場したのが

ホーローの保存容器

ふたは、ビニル製ですから加熱するときにははずすのですが、
なんといっても、直火可、の威力は大きいです。
ガス台の五徳より小さいものなら、湯煎にかける、という手もつかえます。
(パイレックス等々でも湯煎は可能ですが...)

特に、野田琺瑯さんの持ち手付きストッカーなんかは最高に役に立ちます。

野田琺瑯 持ち手付きストッカー 角型 ホワイト 1.2L 113-0322

もう、鍋と変わりません。うちのはこれの丸型ですが、重宝してます。

そういうわけで、
これまで戸棚の奥にしまいこまれていた、ホーローの保存容器が大活躍中なのです。
取っ手がないものは、鍋つかみでつかむ、という一手間が必要ですが、
まあなんというか、やっとこ鍋みたいな気もして、悪くないです。

パイレックスの保存容器、これからは、ジャムやピクルス作りに転用しようかなあ。
by hao3chi1 | 2011-04-05 19:54 | 日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/16149119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by happy-smile-frog at 2011-04-06 07:28
ジャム!!
いいですね。
これからならイチゴですね。
楽しみに待ってます。
カエル
Commented by hao3chi1 at 2011-04-17 21:01
カエルちゃま、イチゴジャム、おいしいです。圧力鍋で作って、瓶詰めします。
<< 地震対策、着々 熱源のパラダイム・シフト >>