本は魔物、のおはなし

本棚を整頓すればするほど、じゃんじゃん出てくる、「好き」でもなく「必要」でもない本。
床積みしていましたが、出入りにも事欠くようになったので、ひとまず、「図書館に寄贈」する本を搬出することにしました。

車がずしっと傾くか、というくらい積み込み、図書館へ。
一応、寄贈を受け付けてもらえるかどうか確認し、車からカウンターまで往復すること数回。

ありましたねー、数えて頂いたら百冊越えてました.....。

受け付けて頂き、本当にありがとうございました。
もちろん、図書館側でこのあと、検分し、所蔵に加えるもの、リサイクルに出すもの、と処理されるので、全部が書棚に出されるわけではないのですが、売りに出すよりは手放すときの心的障壁が低いので、利用させて頂いております。

図書館に来たついでに、書架を眺めてきました。
中にはかつてうちの本であったものも並んでおりました。

それにしても。
あまつさえ、あれだけ処分し、うちにまだまだ(未読)本があるのに、

なぜに、書架を見ていると、借り出して読みたくなる本がたくさんあるのでしょう?

そして、同じように字が一杯書いてある新聞は読んだら捨てられるのに、

なぜに、本は捨てがたいのでしょう?

「読んだらメモ取って処分する」と説く本も読み、そうよねー、と同感、やってみたこともありましたが、続きませんでした。
この「メモを取る」というのがネックなんですよねー。
「メモを取ろう」と思いつつ、そのまま本棚に静置、というのが繰り返されて、あふれていくわけです。

そもそも、うちにある本(絵本とか料理の本、テキスト関係は除く)で、3回以上読んでる本って、

・古今和歌集(岩波)
・and I love her.(片岡義男)
・写真がもっと好きになる(菅原一剛)

の3冊くらいしかないんじゃないかしらん。
そういうことを考えると、

本はもっと少なくていい。

となりますね。
「読んだらためずに循環させる」という流れをつくってもいいかな、と思っているところです。
by hao3chi1 | 2014-04-29 14:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/22062155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 楽しいぞ!『英会話タイムトライアル』 語学本がどっさりと >>