暮らしに花を

大きな駅に行くと、構内のショップにお花屋さんがあることが多い。
そばを通ると、季節ごとの色とりどりの花が並べられていて、気持ちが明るくなる。

フラワーポットに陳列された花々もあれば、ちょっとしたブーケになっているものもあり、あるいは小さな鉢植えなどもあって、駅ナカのお店とは思えないほどの充実ぶりである。

こういうお店が通勤・通学の途中にあれば、なにかにこと寄せて、お花を買う、という潤いが生活の中に入ってきそうだ。

一方、小さな町では、お花屋さんは1軒あるかないか。

お花といえば、スーパーで仏花と一緒に売られている程度だ。

それでもないよりはましだけれど、少し寂しい。

駅ナカのお花屋さんのような、浮き浮きした気持ちにはなりにくい。

しかも、そういうお花は、あっという間に傷んでしまうことが多い。

食料品やら日用雑貨やらのついでに買う、となると、なんだかずいぶん贅沢してるみたいな気がして、お花に伸ばした手を引っ込めることも、私の場合、結構ある。

一時は、お花を絶やさない暮らしを目指してみたこともあったけれど、忙しくなって水替えがおろそかになり、結局、手が回らなくなって、やめてしまった。

お花の生けてある暮らし、って、いいなあ、とふと思う。

水替えがあったり散ってしまったら片付けたりがあるけれど、それでもお花って人をなんだか元気にしてくれる。

明日あたり、スーパーででもいいから、ちょっと、お花を買ってこようかな。



by hao3chi1 | 2017-01-28 19:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/26358218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ポメラからEvernote(R... GRITで考える、語学上達のポイント >>