ポメラからEvernote(R)へ送るとき


ポメラDM200は大変に快調です。

書いたものを添付ファイルとしてメールでダイレクトに送れる機能の便利さにじわじわと喜んでおります。

先々代からあるQRコードでの送り込みも便利でしたが、今回から可能になったファイル転送はそれを遙かに超える出来映えです。

私の場合は、書いたものをEvernote(R)に送って保存することがメインです。

実は、Evernote(R)も割と長い間使っていて、メール転送も利用していましたが、今回、改めて公式の使い方ガイドを読んで、新たにわかったことがあったので、備忘録的に書いておきます。



Evernote(R)への転送は、固有のメールアドレスを送付先に指定することでできますが、今までは、その格納先のノートブックは後からEvernote(R)を開けて、入れ直していました。しかし、そんな面倒なことをやらなくても、一発で、目指すノートブックに送り込み、さらにはタグもつけられることが判明。

そのやり方は、

 メール件名の末尾に@ノートブック名#タグ

とするだけでOK!



全く知りませんでした、という以前に、そんなことができるかどうか調べてもみてませんでした。

さらに、リマインダーも設定できるようです。(!をつけると設定可能)



せっかく使ってるのに宝の持ち腐れ状態だったかも。

慣れ親しんだ道具でも、時々は、取説アップデートが必要ですね。



by hao3chi1 | 2017-01-29 10:36 | エレクトリック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/26359784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 歴史における年号の役割 暮らしに花を >>