侮れない!NHKラジオ英語講座。

かれこれ中学生の頃から、NHKの英語講座にはお世話になっています。
私の最初の英語講座は、小島義郎先生の基礎英語でした。

その後、安田一郎先生&マーシャクラカワー先生の続基礎英語になり、続いて東後勝明先生になり、そして杉田敏先生のビジネス英語にいって、そのまま、続いています。

途中、テキスト買ってますだけの時期もあり、録音してますだけの時期もあり、でしたが、思えば、10代から続いていることって、ラジオ英語講座だけなあ、と。

意外に、テレビ講座は見ていなくて、今は亡き小川邦彦先生の講座をちょっと見たくらいかも。(あ、大西先生のはDVDで見ました。)動画サイトもDVDもない時期でしたから、発音がビジュアルで見られるテレビ講座は貴重なはずだったのだけれど、どうも目と耳の両方に集中するということができず、目に集中するとよく聞こえない、という頭の仕組みだったせいか、テレビはほぼ見ていません。



基礎英語シリーズも、ここ数年は「基礎英語1・2・3」(通称キソイチ、キソニ、キソサン)というタイトルになり、また小学校への英語教育導入によって更にその下に「プレキソエイゴ」が出てきました。

また、大人向けに「おとなの基礎英語」なども出現し、もうなんだか、基礎英語百花繚乱状態に。



私のメインは杉田先生のビジネス英語なんですが、家族の事情からキソシリーズもテキスト購入・録音・一部聴取を最近はやってます。

英語教育もトレンドがあるようで、英語のリズム感を重視したチャント練習やアメリカ英語以外の英語の紹介などもちらほら。ウェブ連動型でテストもできるし、いたれりつくせりで、むかしむかしラジカセで巻き戻し巻き戻しして苦心してた頃とは大違いです。



長年の英語講座歴を振り返って、「担当者様、よくぞ、この先生と見つけてきてくださった!」と簡単したのは大西先生ですが、今年度キソサンのMr.コーパスこと投野先生も、基礎英語にこの方を持ってくるか、というハイレベルです。

毎回、コーパスを駆使して、「使えるコーパス情報」を教えてくださるのですが、個人的には、ある程度英語力がある層のほうがこのありがたみが実感できるのでは、と思います。

恐るべし、コーパス。

実際に数百万語の解析から出てきた「頻出する組み合わせ」というのは、かなり凄みがあります。個人の見聞きした表現という範疇を超えているので、なんというか、一気に自分の語彙が広がってつながっていく感じがします。

先日の放送で、「中学生だけじゃなくて大人も聞いてね」というようなコメントがありましたが、いやー、これは大人というか英語上級者もチェックすべきではないかと。



今月中には来年度の語学講座担当先生が発表になるでしょうが、投野先生、来年も続投してくださらないかな~。もうちょっと、最先端のコーパスを使った英語学習を体験してみたいです。


by hao3chi1 | 2017-02-08 07:00 | ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/26388062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ちょっと梅見に 「書くための本の読み方」を考える >>