ちょっと梅見に

c0001438_16505573.jpg
近所の公園に梅が咲いたと聞いたので、ふらりと見に行ってみました。
紅梅、白梅それぞれに、ちらほらと咲き始めもあれば、咲き終わりもありました。

木もまだ若いので、梅園のように匂い立つということはありませんでしたが、近寄れば、高貴な香りが。



いにしえでは「はな」といえば「梅」を指していたと、古文の時間に習った覚えがありますが、早春の心に深く染みこむ色と香りです。



古今和歌集をひもとけば、春歌上に梅を詠んだ歌がいくつも載っています。



人はいさ心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける(つらゆき)



このあたりは、教科書にも載っていたような。



香りだけでなく、花の形や色も、小さくてかわいいと思います。

いろんな焼き物の文様になっていたりもしますし、桜とはまた違って、親しみの持てる花ですね。



そうそう、ロウバイも咲いていて、こちらもすてきな香りでした。



by hao3chi1 | 2017-02-14 16:49 | 自然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/26424960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スウガク再挑戦 侮れない!NHKラジオ英語講座。 >>