なかなか思うようには

桜に降る雨を窓越しに眺めつつ、ため息ひとつ。

病床の母を車いすに乗せ、子供を連れて、
最後になるかもしれないお花見を計画しました。
宿も予約し、列車の手配も終わり、
そして、乗換駅への連絡も完了。
(東京駅の担当の方はとてもてきぱきとしていて要領がよく、
慣れていらっしゃるのか、話も簡単に進みました。感謝。)
さあいよいよ、というとき。
子供は発熱(40度)、そして母は病状が悪化。
どちらか一方だけならなんとか、と思いましたが、
両方の具合が悪くては、さすがに。

そんなものなのかな、うまくいかないものです。
いろんな予約がとんとんと取れたときには、
ああ、神様が行ってらっしゃい、って言ってくれてるんだ〜、
なあんて、勝手に思いましたが、
どうやらそんないい調子のことはないみたいです。
申し訳ないとすすり泣く母、お薬飲んできっと治すからと涙ぐむ子供。
魔法が使えるならなあ、とじっと手を見た、春の宵でありました。
by hao3chi1 | 2006-04-05 22:32 | 日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/3751727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sachikoukisin at 2006-04-09 10:58
そうでしたか、本当おつかれさまでした。
サクラの塩漬けを浮かべたお茶でも飲んで、ほんの少しですが春気分は味わって下さいね。
モロゾフのさくらんぼプリンも春の気分を味わえますよ。
お義母様やお子様とぜひご一緒に♪
Commented by hao3chi1 at 2006-04-10 11:33
さちさん、どうもありがとう。さくらんぼプリン、おいしそうだわ~。
<< 栗原はるみさんの英会話講座 ピーチカスタードタルト >>