雪の町へ

遠くに見える山が白く輝いています。
行きたいなあ、雪の町へ。
スキーに行かなくなってもう3年くらいになりますか。
新幹線で行ける越後湯沢が好きで、
この季節にはよく通っていました。

カービングになる前だったから、
長い板と重いブーツをさげて、ウエアの詰まったリュックを背負って、
電車を乗り継いで行ったものです。
途中でおにぎりを買って、車中でほおばりながら。

そして、川端康成じゃないけど、
上毛高原まではいつも雪があんまりなくて、
長い長い県境のトンネルを抜けると、そこは一面白銀の世界でした。
目の底まで真っ白になる感じ、実感してました。

空気も冷たく乾いていて、
のどの奥がつんとするようでしたね。

行きたいなあ。雪の降る町へ。

重苦しく灰色の空から影を帯びて舞い降りる雪、雪、雪。
板の滑りを確かめて、さあ、眼下の雪面へ乗り出す瞬間のどきどき。
雪と自分と風しかなくて、日常のなにもかもが後ろへ吹っ飛んでいく時間。
いいなあ。

書いていたら、心から出かけたくなってきてしまいました。
by hao3chi1 | 2005-01-21 11:54 | 日記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/376862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sachikoukisin at 2005-01-22 18:09
さりげなく優しいタイトルがいいですね、「雪の町へ」かぁ。
私はスキーは嫌いなんですが、スノースポーツをせずとも、行きたくなってしまうような文章ですね♪
しん しん しんと積もる町へ。
白い息ハアーッと吐きながら。
行きたいなあ。
Commented by hao3chi1 at 2005-01-24 09:43
sachiさん、ようこそ。
豪雪地帯の方には申し訳ないと思いつつも、雪の町には行きたくなってしまいます。雪の積もる家々の窓。寒いながらも不思議なあたたかみがあるのは、どうしてでしょう。
Commented by xiaoribn at 2005-01-31 21:55
今日金沢から帰ってきました。今朝から大雪が降っていましたが、昼頃には溶け始めてました。私としては、雪の降る露天風呂で,熱燗が最高です。
Commented by hao3chi1 at 2005-02-02 14:58
同感ですぅ。雪見酒、いいですよね。露天風呂、入りたいです。
<< キャラメルパウンド エッグ&ベーコンマフィン >>