カイザースラウテルンの屈辱

まさか、あんなにあっという間に3点も取られるとは。
シュートを浴びまくってましたから、いつかはやられるとは思っていましたが、
ここまでたたきのめされた上、敵将ヒディングに
「正義は勝つ」なんて言われるとは。
(この人の面構えがどうしても好きになれない.....)
今回の敗戦についてマスコミの記事から
「カイザースラウテルンの惨劇」
というのを見つけましたが、個人的にはもっと主観的に、

「カイザースラウテルンの屈辱」と呼ばせていただきます。

あまりのショックで久々に不眠になりましたわ。
目を閉じると「3−1」が浮かんできて、どうにも寝付けませんでした。
一夜明け、やや気を取り直して、
「次2戦、取ればいいんだわ」と思うことに。
昨日見たテレビでカズ選手が
「あと2戦もできるじゃない。それで勝てばもう1戦できるしね。」
とのコメント。
さすがだわ、と感動。
昔、ジーコも言っていたように、
「所詮、サッカーなんだ。命を取られる訳じゃないんだ。」
なので、楽しんでサッカーをやってほしいな、と思うようになりました。
他国の代表選手と一戦交えるなんて、
ワールドカップじゃなくてはできないんだから、
心から完全燃焼し尽くして(疲弊して、じゃないよ)、
サッカーをやってくださいね。

最後の最後まであきらめずに、応援させていただきます。
ジーコジャパンに幸運あれ。
Boa sorte e estarei no torcida!
by hao3chi1 | 2006-06-14 21:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/4025428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 台所のお世話 スロークッカーでカレー >>