ワンドア、ツーロック

あろうことか、車上荒らしの被害に遭いました。
車内に貴重品は置いてなかったのですが、
カーナビ狙いで、後部座席の窓を割られました。
幸いにも、窓だけ割られて、中に侵入した形跡はなく、
車内の物も動いてなくて、ナビも無傷でした。

しかし、ガラスは粉々に砕けていて、
ガラス交換に1万5千円。
これはたとえ犯人が捕まったとしても、かえってこないお金。
警察の方に予防策を聞きましたが、これと行って有効なものはないみたい。

なんといってもショックだったのは、
この界隈をそういう輩がそういう目で物色、徘徊しているということ。
なんだか物騒で、この次は空き巣(強盗も)?!と心配になったので、
ホームセンターで、サッシの補助錠とサッシ用鍵付きクレセント錠を購入。
DIYで早速取り付けました。
玄関ドアはツーロックにしていたのですが、それでも心配は尽きません。
防犯カメラとかつけるかな、と考えているところ。

本当に危ない世の中になりました。
用心してもし尽くせないところがなんとも。
by hao3chi1 | 2007-02-07 23:52 | 日記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://haobuhao.exblog.jp/tb/5474045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nihaoperio at 2007-02-08 16:20
はおさん、こんにちは。
ガラスは残念でしたけど、お怪我や盗られた物がなくてよかったですね。
私も空き巣&車上あらしの被害にあったことがあります。
盗まれたショックよりも、はおさんのおっしゃるように、そういう目で下見&侵入されたのが気持ち悪かったですよ~。
防犯はもう念には念を入れ、ですね。
Commented by 630叔叔 at 2007-02-16 10:09 x
我が家の近辺も、以前は、気がつくと炬燵の部屋のヌッと近所の人が立っていて「白菜、喰うか?」などと言っていたものだが(玄関といわず、縁側といわず、鍵などかけがことがない状態)、今はどこの家も呼び鈴を押して家人を呼ぶという おかしなシステムになっています。
 大家族のころは家人のだれか一人ぐらいは家にいたものだから、鍵は必要なかったんだね。むしろ、鍵を掛けた家は不審の目で見られたものだ。「あの家、鍵なんかかけて、何やってんだろう?」って。我が家も、母がなくなった4年前、しかたなく玄関に鍵をつけました。
 だから、隣組で葬式をする当日、その家の留守番をするという役目も振り当てる風習もいまだにあるんですよ。
Commented by hao3chi1 at 2007-02-19 21:17
ぺりおさんもやられたことがあるんですね。やはり日本全国、もはや安全地帯はないのですねえ。
Commented by hao3chi1 at 2007-02-19 21:18
630叔叔さま、鍵のない時代がよかったのかどうか、なかなか難しいところもありますが、隣組が生きている地域では防犯レベルも高いんじゃないかと思います。
<< 着物のはなし 徹夜できなくなりました >>