カテゴリ:エレクトリック( 36 )

ポメラからEvernote(R)へ送るとき


ポメラDM200は大変に快調です。

書いたものを添付ファイルとしてメールでダイレクトに送れる機能の便利さにじわじわと喜んでおります。

先々代からあるQRコードでの送り込みも便利でしたが、今回から可能になったファイル転送はそれを遙かに超える出来映えです。

私の場合は、書いたものをEvernote(R)に送って保存することがメインです。

実は、Evernote(R)も割と長い間使っていて、メール転送も利用していましたが、今回、改めて公式の使い方ガイドを読んで、新たにわかったことがあったので、備忘録的に書いておきます。



Evernote(R)への転送は、固有のメールアドレスを送付先に指定することでできますが、今までは、その格納先のノートブックは後からEvernote(R)を開けて、入れ直していました。しかし、そんな面倒なことをやらなくても、一発で、目指すノートブックに送り込み、さらにはタグもつけられることが判明。

そのやり方は、

 メール件名の末尾に@ノートブック名#タグ

とするだけでOK!



全く知りませんでした、という以前に、そんなことができるかどうか調べてもみてませんでした。

さらに、リマインダーも設定できるようです。(!をつけると設定可能)



せっかく使ってるのに宝の持ち腐れ状態だったかも。

慣れ親しんだ道具でも、時々は、取説アップデートが必要ですね。



by hao3chi1 | 2017-01-29 10:36 | エレクトリック | Trackback | Comments(0)

ポメラDM200買いました!

新しくポメラを買った。
DM200という機種である。
c0001438_11212052.jpg

ずっと以前に使っていたのはDM20という機種だったので、一世代飛ばしての更新である。


そういえば、DM100が出たとき、買うかどうしようか、ずいぶん悩んだんだよなあ。

それで結局、そんなにはもう文字を書かないだろう、と思って、買うのをやめた気がする。

DM20にはずいぶんお世話になった。

今にして思えば、あの小さい画面と変換力で、書いてはQRコードに変換して送り、書いては変換して送り、を繰り返してたんだ。

当時にしては、それでも重いノートブックを持ち歩かなくてもどこでも書けたということが大変にうれしく、役に立ったのだ。

元は十分に取れるくらい使ったと思う。

その後は、iPhoneのフリック操作で間に合う程度の文字か、デスクトップ前に座り込んでの文章書き、くらいかのニーズしかなくて、思いついたときに適度な量の文を書きたいという気持ちもなくなって、最近まで過ごしてきた。

それがなんだか、このひと月ほど、無性に思っていることを書いておきたくなってしまった。


まあ、手書きでほぼ日手帳に書き留める、という手もあったのだけれど、あっちはあっちで日々の些末な連絡メモ帳になっているので、まぜこぜにしたくない気持ちが強かった。


フリックの達人でもないので、あれでちょこまか打ち込んでいるうちに、考えていることがどっかにいっちゃうこともあり、まとまって一気に、つまり、考えると同じ速度で文字化したいという希望があり、いろいろ考えた末に、ポメラ購入に至った。

今、こうして書いているわけだけど、本当に楽!

ほぼストレスなく文字化できる。うれしい!!


書いたものをwifiで飛ばしたりもできるということだけど、それ以前に、すらすら文字になるのがものすごーくうれしい。


機種自体は横長になり、ちょっと重くなり、むかーしむかーし、メール文化発祥の頃、NTTだかNECだか出してたよなあ、と思ったりもする。


とにもかくにも、大変満足している。

これで日々、思ったことをばしばし書き留めておくことにする。

いわゆる「ちらしの裏」レベルのことでも、とりあえず、書いておきたい気分なのである。


by hao3chi1 | 2017-01-25 07:00 | エレクトリック | Trackback | Comments(0)

とうとう決心!オーブン買うぞ。

去年からずーっと悩み続けていたオーブン。
置くところがない、という理由から、amazonで眺めてはあきらめる、を繰り返した日々。
絶対ないと困る、というものではないけれど、やっぱり、たまにはクッキーくらい焼きたいと思いつつ、日が過ぎていきました。

年明けて。
まだなお、オーブン欲しい気持ちも失せず、これは本当に欲しいのだ、ということを再確認し、
先日、とうとう、買いました。
流し台の下を片付け、棚を片付け、要らないモノや古くなった食材をばんばん処分し、オーブンが来ても大丈夫なスペースを確保。
大震災以来、レンジなしで不自由もしないので、レンジは見送り、オーブン一本勝負で、機種選択。

オーブンだけだと、重量も軽く、もし下敷きになっても、命に別状はなさそう。(ただし、当たり所が悪いと、ひょっとするけど。)
結局、元々、オーブンレンジがあった台に置いて、使うときには、コンセントの都合で、テーブルに降ろして、ということになりました。

で、いよいよ、明日の晩、オーブン来ます。
ものすっごい、楽しみです。
ちょうど、ほぼ日で、これやってますし。

ちいさなレシピを1ダース。

やったー、参加できるかも−。
オーブン来て、なんか作ったら、また報告します。
うれしいなー。
by hao3chi1 | 2013-02-05 20:59 | エレクトリック | Trackback | Comments(2)

ラジオラジオラジオ!

このストリーミングで何でも聞ける時代に、全く突然、ブツヨクが蘇ってまいりました。

ラジオ、欲しいです、短波聞けるヤツ。

大震災以来、FMや中波が聞けるラジオは、うちにあったものを点検・整備して、使えるようにしてあります。
家人は、SONYの小型ラジオで、基礎英語を聞いておりますし。

それはそれでいいのですが、
元BCLガールとしては、短波、が聞きたいのであります。
もちろん、インターネットラジオもありポッドキャストもあり、どこの国のどんな放送もクリアに安定して聴けるじゃん、何も今更、ノイズだらけ、フェージングだらけの短波で何を聞くの?という正論も胸に抱えつつ、それでも、

短波ラジオ欲しいんです。

きっかけというのはこの本。



この本を読んだ後、「自分の機嫌がよくなるものは何か?」を考えているうち、「自分の好きだったモノは何か?」と思い至り、つらつら考えて、ググったりしていたら、なんとなく、ソニーのラジオ、に行き当たったのでした。

いいよねー、ソニーのラジオ。「♪ソニースカーイセンサー」の時代に育った私としては、ものすごく郷愁をそそられるのです。(もちろん、ねだり倒して、スカイセンサーICF-5900は誕生日祝いに買ってもらった。まだ実家にあるはず。)
もうウェブカタログ見てるだけで、上機嫌になります。紙パンフとかあったら、毎日持ち歩いちゃうな。

でもまあ今のご時世、いつまでソニーがワールドバンドラジオを作ってくれるのか、不安であります。
作ってるうちになんとか買わねば、とちょっと焦ったりしつつ、しかしそれなりのお値段で、しかも実生活に役立つとも思えないし、で、なかなか手が出ないのでありました。

でも欲しい。
by hao3chi1 | 2012-11-11 17:53 | エレクトリック | Trackback | Comments(0)

iMac、到着

昨日、無事、iMac が到着しました。
覚悟はしていましたが、
宅急便配達の方がおっしゃるように、「10キロ以上ありますから、気をつけて」でした。
まず、外箱から、Macの入っている化粧箱を抜き出すのが大変で、
落とさないように細心の注意を払いつつ、満身の力を込めて、
もうそれは、「大きなカブ」を抜くおばあさんのように、
うんこらどっこいしょ、とがんばりました。

本体自体は、重さのバランスがいいのか、持ち上げやすく、
一昨年末、プリンターを代えた時のように、
重くて取り落とすことはなく、無事、机に設置しました。
あとはもちろん簡単で、電源をつなげて、はいはいはい、で完了。
元のiBookが生きていれば、移行アシスタントでもっと楽だったのですが、
あいにく、...なので、自力で再設定。
ネットにさえつなげられれば、あとはなんとでもなる、という感じでした。

本日、もろもろのソフトを入れ、ほぼ完了。
あとは、バックアップ用の外付けHDDをつないで、Time Machineをセットすれば終了です。

使用感は、予想以上に快適です。
まず、画面が大きいので、なんでもやりやすいし見やすいです。
処理速度も非常に速いです。
さらに、マウスもキーボードもコードレスなので、素敵です。
モニター下のスペースにキーボードを片付けると、机で本が読めます。
(これ、非常に大切。今までは、ノート型がどでんとあったので、ノートのキーボードの上で本を読んでいました。)

ちょっとした問題点としては、
ノイズが発生しているようで(当たり前だけど)、愛用のRadioSharkの録音状況が今イチ。
これは、コードにノイズフィルタかなんかかぶせてみる予定。
USB端子が右下に集中しており、
うちのプリンタその他機器の配置(みんな左側)からして、不便。
コードがモニタ下をびろーんと横切る感じになってしまっています。要改良かな。

ともかく、非常に満足していいます。
うちの母艦マシーンとして、これから働いてもらう予定です。

それから、こんかいのiBookG4のHDD故障で学んだこと。
所詮、HDDは脆弱なものなので、大事なものはバックアップしておく、というのは常識だけど、
さらにいえば、クラウドストレージを利用して、そっちに置いておいた方が、いざというとき役に立つ、ということ。
その方が、壊れたマシーンを捨てるときにも、データをどうしよう、とか悩まなくて済むので。
by hao3chi1 | 2010-01-10 19:11 | エレクトリック | Trackback | Comments(4)

買ってしまいました、Kindle

と、とうとう、さんざ迷いながら、しかし、ぽちっと押してしまいました。
amazonのKindle。
「買っても使い切れるかなー」とか「絶対必要なものではないぞー」とか、
冷静な心は引っ張ってくれたのですが、
「目新しい電気仕掛け」にめっぽう弱い、ワタクシ。
amazonを見るたび、トップページから眼に飛び込む誘いに、ついくらくらしてしまいました。

ぽちっと押して、待つこと3日。
アメリカから来るのに、こんなに早くていいのか、というくらいあっという間に到着。
(L.L.Beansなんて、たしか2週間くらい待った記憶が。)
宛名が横文字なので、アマゾンジャパンの市川倉庫ではなく、確かにアメリカから来たらしい。
簡素な段ボールの中に、それはありました。

大きさは、幅:DS Liteと同じ、長さ:広げたDSの1.5倍くらい、厚さ:薄っぺらい、というもの。
何か薄くて、ばきっと折ってしまいそうな感じ。
その薄さ故、そんなにかさばる感じはありません。

新聞、雑誌は2週間無料お試し配信があります。
そこで、なんと見つけてしまったのです、ブラジルのGLOBOの配信もあることを!
(なお、ルモンドもあります。中国語圏のものはないようです。やっぱり、漢字はまだ非対応なのね。)
お試しするかどうか、思案中。
思案するだけでも、結構楽しかったりして。
by hao3chi1 | 2009-11-15 13:55 | エレクトリック | Trackback | Comments(1)

ついにシュレッダー

だいたい、ものを買うときには「即決」ものと「悩みきって買う」ものの2種類があって、
私の場合、
「絶対に必要だ」というものは、実は後者の買い方です。
この夏、導入の扇風機なんて、そのいい例です。

で、このたび、たぶん検討すること数年に及んだシュレッダー、買いました。
悩んでいた理由は、
「手で破いちゃえばいいかな」
とか、
「消しポンすればいいかな」(実際に、大小2バージョン、購入し使用中)
とか。
理由の通り、破いたりポンポンしたりしてましたが、
古い書類を処分するにあたり、もうこりゃ、時間がかかってたまらんわい、ということになりました。

裁断してくれればいいわ、ということで、電器店も見ましたが、
見てもあんまりピンと来ず、まあ、そう言う商品でもないしね、
またもや、アマゾンさまで評判のよさそうなものを購入しました。

これでたまりにたまった、数年前の書類をばしばし処分して、
すっきりしようと思っております。

なんだか、「片付けの秋」モードですねえ。
by hao3chi1 | 2009-09-11 05:33 | エレクトリック | Trackback | Comments(0)

出ましたね〜

iPod touch、手の届く感じの値段で、新しくなりましたね。
カメラ搭載がなかったのが、ちょっと残念でしたが。
iPhoneは躊躇する私ですが、
初代iPod touch所有者としては、そろそろ買い換え検討中なので、
下取りに出して、買おうかな、という気になっています。

nanoにビデオカメラ搭載、というのもニュースですね。
意外にもnano?!って感じでしょうか。
「気軽に持ち歩き」系としては、やっぱりnanoなのかな。
2世代以上前のnano使用者としては、こちらも気になります。
FMラジオ搭載、もいいですね。

この秋冬は母艦買い換え予定だったのですが、
(現iBook G4が最近ちょっと挙動不審なので)
iPodもライバルとして名乗りを上げてきた、という感じです。
うーむ、どうするかー。
by hao3chi1 | 2009-09-10 06:19 | エレクトリック | Trackback | Comments(2)

カメラがデジタルじゃなかった頃

うちの家系にはカメラ好きが多く、そのため、子供の頃から身の回りにカメラがありました。
小学生だったかな、オートで撮れる、ハーフカメラ(いわゆる、バカちょんで、本当に小さなカメラ)を買ってもらって、遠足に持って行って、友達や先生を撮りまくってました(そういうことが許される時代でした)。
高校時代には、一眼レフを手に入れ、父の持っていたズームや広角レンズを借り、撮影を。
新聞社後援の女性写真教室にも半年くらい通ったこともありました。
超望遠レンズではさすがに三脚が必要でしたが、
そういう大がかりな撮り方は好きじゃなかったので、
通常は、広角レンズでスナップを撮るか、ちょっとした望遠を使うかでした。
(うちには、どういうものか、標準レンズがなかった。)
今の、デジタル一眼レフはいいですよね、ズームでもオートフォーカスだもの。
昔の一眼は、ズームだろうが何だろうが、全部、自分でピント合わせでした。
だから、本体をがしっとつかみ、右手の指をシャッターに置き、一方、ズームを支えた手の指でピントを合わせる、というのが大変でした。
ズームはやっぱり重いですから。
ここで鍛錬した成果なのか、今でも、あまり手ぶれを起こしません。
(拡大すると、手ぶれはあるかもしれませんが、L版で見る限りは大丈夫そう。)

デジタル一眼は、今のところ、購入予定はなく、今はリコーのGR Digital IIで楽しく撮っています。
この機種には、今時めずらしく、「手ぶれ補正」がついてないのですが、
こういう歴史をもつ私には、さほど支障はないみたいです。
by hao3chi1 | 2009-09-02 06:06 | エレクトリック | Trackback | Comments(2)

デジカメが違うと

これまでは、キャノンのIXY DIGITAL L4を持ち歩いておりました。
これはこれで、小型軽量で、首からぶら下げていても辛くないので、重宝していましたが、
やはりどうも、思った感じに写らず、
特に室内ではフラッシュが絶対必要でした。
(ただ、ちゃんと機能を理解して使っていたわけではないので、
もしかしたら、私の誤解かもしれません。)

昨夜、外食する機会があって、
目下、お気に入りのGR DIGITAL IIを持参。
レストラン室内で、何気なく、撮影してみて、オドロキ。
フラッシュなしで、十分に、しかも、雰囲気そのままに、撮れていました。

レンズが明るい、ってこういうことなのか==、とかなり衝撃を覚えております。
となると、新発売のGR IIIなんて、もっと暗くても写るのかしら。
写真初心者には、勉強することがたくさーんあって、毎日、楽しいです。
by hao3chi1 | 2009-08-02 06:50 | エレクトリック | Trackback | Comments(2)