カテゴリ:日記( 223 )

芸術、あるいは特別な空間

好きなものと言えば、もちろん語学、なんですが、
どういうものか、この夏あたりから、美術・芸術系に心惹かれて、あちこちの展覧会やらなにやらに出かけております。
ここ最近では、北斎展に行き、その前はオルセーにも。

子どもの頃から、そういう展覧会などには縁がなく、新聞などで取り上げられていても、特に食指が動くわけでもなかったのに、どういうわけでしょう。
それがわかる(楽しめる)年齢になってきた、ということなんでしょうか。
それとも、何かがこの先に、待っているのでしょうか。

一応、会場では音声ガイドも借りて聞きながら回りますが、そういう正しい知識はほどほどに、自由闊達に妄想・空想を飛び回らせて、観ている自分に最近気がつきました。
オーソリティの言う「賞賛すべきポイント」ではなく、「自分目線の絶賛ポイント」を最優先にして、存分に楽しんでおります。
そのためか、展覧会を見終わると、まるで、どこかに旅行に行ってきたかのような、すがすがしさでいっぱいになります。
たとえば、この前、土砂降りの中、出かけた北斎展では、見終わった痕、心の中は日本晴れ、でした。

なんというか、芸術空間というのは、日常を離れた異空間なんでしょうね。

最近、あこがれのイラストレーターさんとかミュージシャンさんとかと直接言葉を交わす機会が幾度かありました。
接してみて強く感じたのは、「この方々は、自分のいるところとは、全く違うところにいらっしゃるのだ」ということ。
月へ帰って行くかぐや姫たちと、それを見送る地上のじい・ばあ、という感じでしょうか。
決して、卑下しているということではなく、重力に常に縛られて暮らす自分と、軽やかに空中を舞うように生きる人たちと。
そういう方々が紡ぎ出す絵画なり音楽なりに触れることで、地に住む私は、気持ちだけでも透き通るのかもしれません。

どちらかというとここまで実学一色で過ごしてきましたが、このあたりで、少々、芸術を差し色として使ってみたら、という思し召しでしょうか?
この秋も、すばらしい展覧会や特別展が目白押しです。
しっかり楽しみたいと思います。
by hao3chi1 | 2014-10-13 14:54 | 日記 | Trackback | Comments(4)

本は魔物、のおはなし

本棚を整頓すればするほど、じゃんじゃん出てくる、「好き」でもなく「必要」でもない本。
床積みしていましたが、出入りにも事欠くようになったので、ひとまず、「図書館に寄贈」する本を搬出することにしました。

車がずしっと傾くか、というくらい積み込み、図書館へ。
一応、寄贈を受け付けてもらえるかどうか確認し、車からカウンターまで往復すること数回。

ありましたねー、数えて頂いたら百冊越えてました.....。

受け付けて頂き、本当にありがとうございました。
もちろん、図書館側でこのあと、検分し、所蔵に加えるもの、リサイクルに出すもの、と処理されるので、全部が書棚に出されるわけではないのですが、売りに出すよりは手放すときの心的障壁が低いので、利用させて頂いております。

図書館に来たついでに、書架を眺めてきました。
中にはかつてうちの本であったものも並んでおりました。

それにしても。
あまつさえ、あれだけ処分し、うちにまだまだ(未読)本があるのに、

なぜに、書架を見ていると、借り出して読みたくなる本がたくさんあるのでしょう?

そして、同じように字が一杯書いてある新聞は読んだら捨てられるのに、

なぜに、本は捨てがたいのでしょう?

「読んだらメモ取って処分する」と説く本も読み、そうよねー、と同感、やってみたこともありましたが、続きませんでした。
この「メモを取る」というのがネックなんですよねー。
「メモを取ろう」と思いつつ、そのまま本棚に静置、というのが繰り返されて、あふれていくわけです。

そもそも、うちにある本(絵本とか料理の本、テキスト関係は除く)で、3回以上読んでる本って、

・古今和歌集(岩波)
・and I love her.(片岡義男)
・写真がもっと好きになる(菅原一剛)

の3冊くらいしかないんじゃないかしらん。
そういうことを考えると、

本はもっと少なくていい。

となりますね。
「読んだらためずに循環させる」という流れをつくってもいいかな、と思っているところです。
by hao3chi1 | 2014-04-29 14:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)

本と空間、のはなし

春です。
日差しは日ごとに明るくなり、「心機一転」「スタート」ということばが似つかわしい時期になりました。

こういう、勢いのある季節にこそ、日頃気になっているあれこれを片付けなくては。

あれこれのなかで、一番気になるのにもかかわらず、一番手がつかない、あれ。
大量の本と、空間確保、の件です。

いっそ、ごっそり捨ててしまえばすっきりするのに、といつも思うのですが、背表紙を見ると、そんな決意もどこへやら、へなへなと、「また読むし、読みだろうし」という思いに駆られて、結局、手つかず。
年に何回かは、「これはもう読まないだろう」という本を図書館に寄贈して減量を図っていますが、それ以上に、買ってしまうので、全体としては、全く減りません。
本と本の隙間で、勉強したりPC使ったりしてます。
(さすがに、地震大国にいるので、隙間で寝たり食べたりは危険すぎて控えています。)

本も本とて、気の毒な感じです。
本棚も、奥と手前の二段構えで本を詰め込んでいるため、奥に入れられた本は、「あったっけ?」と言う程度の存在感となっています。
(そのためか、買ったあとで、あれ、あったんだこの本、ということも、最近数回ありました.....まずい。)

そもそも、読もうと思って買った本で一度は読んだ本なので、それなりに魅力があるわけで、「これは全然いらない」というものは既に残ってないのです。
(もちろん、まだ読んでないのも結構あって、それはそれで、「これから読む予定」なので、読まずに処分できない.....)

うーん、困った。
ココロを鬼にして、絞り込んで処分するか、それとも本以外の諸々を絞り込んで処分するか。
なんとなく、後者になりそうですが.....
by hao3chi1 | 2014-03-16 16:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

またまた台所用品で悩む日々

オーブンを買うの買わないので、2年くらい悩んだ末、やっとこさ、デロンギのオーブンを購入。
目下、幸せな、お菓子焼き生活を送っておりますが、
昨今、また、新たな悩みが勃発しております。

鍋を買うかどうしようか?

ちょうどミルクパンくらいのサイズの鍋を、もう一つ買うかどうかで、悩んでおります。
現在あるのは、月兎印のホーロー鍋。
かれこれ、10年以上は使っておりまして、特に、問題はありません。
が、ホーローであるが故に、

炒めてそのまま煮る

とか、

カラメルみたいに、焦がして作る

とかという料理は、向いておりません。
そういう品目を作らないように日々過ごしておりましたが、しかし、そろそろ作りたくなってまいりました。
ずっと以前には、そのへんで買ってきたアルミ雪平鍋を使って、そのあたりは作ってましたが、現ホーロー片手鍋導入時に処分し、現在に至っております。

で、現在、悩んでいるのは、
・アルミ打ち出し雪平鍋にするか
・テフロンコーティング片手鍋にするか
・やっぱりこのまま、ホーロー鍋で暮らすか

という3点。個人的には、年齢的に考えて多分、料理可能年齢上限までは使えそうなアルミ打ち出し雪平鍋(ただし、いいやつ)に惹かれておりますが、焦げに強いテフロンも魅力的ですし。ただ、テフロンだと、経験的に3年に1回くらいの買い直しが必要になるかと。

さらに、オーブン問題でもひっかかった、置き場所。
既に、台所のつり棚は現在のお鍋さんたちで一杯であり、そこにもうひとつは置けない公算が高く、しかし、今あるのを処分する予定もないので、さて、どうする?と言うところであります。

もし新たな雪平鍋を買ったら、
カラメル作れるし、リンゴの甘煮作れるし、絹さやとちくわの卵とじ作れるし、
あー、やっぱり買いたい。

焦げてもこすれば落ちるアルミ鍋もいいよなあ。ステンレス多層鍋は重いし高いから考えてないけど、普通のテフロン鍋もちょろっと使うには悪くないよなあ。

悩む悩む、もうしばらく悩んでみます。
by hao3chi1 | 2014-02-01 19:04 | 日記 | Trackback | Comments(2)

お直しの年の暮れ(備忘録)

なんだかんだと、今日で今年もおしまいです。

この暮れに向かって、なんだかいろいろ、お直し、やっております。

そもそもは、お気に入りのジーンズのヒザが抜けたので、アイロンパッチで直したあたりから始まり、
枕カバーが薄くなって破れたのをパッチワークしました。

そうこうするうち、自転車のギアがさびて動かなくなっていたのに気づき、これはさすがに自分ではできないので、知り合いの旦那さんにお願いして、修理していただきました。

さらに、洗濯機が途中で止まるようになってしまい、サービスの方に来ていただき、パーツ交換・修理を行ってもらい、無事、完動するようになりました。

冬休みに入り、自由な時間ができたので、
ほぼ日で買った、千鳥格子の素敵なストールをひっかけて糸が寄っていたのを、一目一目動かして元に戻し、
亡母に買ってもらった手袋の親指がすり切れて穴が空いてたので、別糸で編み直しました。

その他、DIY系としては、棚の扉が緩んでいたのを締め直したり、網戸の補修をしたりしました。

あ、「運動不足」もお直しして、休みに入ってから毎日、スロージョギングやってます。

... 我ながら、ちまちまとよく直しました。
いずれも、ええいと捨てちゃってもよかったようなものですが、どうも愛着があるモノが多くて、ほぼ日の連載で「お直しとか」を読んだせいもあってか、がんばってみました(あんなふうに、芸術的には直せなかったけど。)

こんなに集中的に、いろいろ直したのは初めてかも。
直したあとに、何が来るのかはわかりませんが、

まずはみなさま、よいお年をお迎えください。
by hao3chi1 | 2013-12-31 17:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今年も後半戦に突入!

今朝起きて、カレンダーを1枚ばらりとめくり、はっと気づくこと。

今年も半分、終了しました。

なにをしたでもなく、これからなにをするでもなく、こんなんでいいのかしらん、と。
時計の針に追い回されるように、日々、こなして暮らしてますが、うーん、一度、今日あたり、立ち止まって、来し方行く末に思いをめぐらせてみなくては。
(なんだか、行く年来る年、みたいね。)

行きたいなあと思って、結局、行ってないところ、とか、
読もうと思って、そのまま積んである本、とか、
ほら、
写真だって、1000枚撮るぞといいつつ、数枚しか撮ってなかったり、とか。

光陰矢のごとし。
少年老い易く学成り難し。

思い立ったが吉日、というわけで、今日から、ちょっと、生活を立て直して、年末に、はあ〜、なんてため息つかないようにします。

とりあえず、まずは、毎日写真を撮ってみます。
(ポルトガル語日記とか、ラジオ講座とか、心に引っかかる諸々は、多々ありますが。)
by hao3chi1 | 2013-07-01 16:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ちいさな電車の旅

ふと思い立って、電車に乗って出かけてみました。
行き先は、日光。
調べてみたら、意外と短時間で到着することがわかり、なあんだ、車で行って駐車場を探し回るよりずっと楽じゃない、ということで、おもむろに出発。
なんせ、急に思いついたもので、家を出たのはもう午後でした。

日光と言えば、東照宮、なんですが、とてもそこまで回る時間はなさそう。
まあ、日光駅前界隈をぶらぶらして、観光客気分を味わってみる、というのもおもしろかろう、と。

電車に揺られて1時間ほどで、現地到着。
新緑にわき上がる山を抜けて電車で進むのは気分爽快でした。

駅前は、名所旧跡観光地に典型的な食べ物屋、土産物屋などが建ち並んでいます。
鎌倉なんかと、ちょうど同じ感じです。
とはいえ、さすがに日光、山が近くて、空がきれいです。
c0001438_20501286.jpg

(CX-2で撮影:駅前通の街灯)

駅前の市街地マップに載っていたレストランで、遅いランチをとり、牧場ソフトを食べ、さらにクラフトショップ兼カフェでお茶したら、いい具合に日が暮れてきました。
半日足らずの、ちいさなお出かけでしたが、なんだかすっきりした気分で帰途につきました。
by hao3chi1 | 2013-05-05 20:57 | 日記 | Trackback | Comments(4)

思い切って整理する

身の回りにあふれかえる、たくさんの「いつか」。

いつか読もうと思って買って積んである本。
いつか着ようと思って買ってきた服。
いつか書こうと思って買ってある便せん。
いつか行こうと思って取ってきたパンフレット。
いつか勉強したいと思って取り寄せた通信講座。

いつか、いつか、いつか。

こんなにたくさんの「いつか」が全部叶えられる日は、きっと来ない。
どんなに時間をやりくりし、スケジュールを詰めても、全部はおさまらないくらい、もう生きている。

一番やりたいことだけ、それをひとつだけ残して、あとはきれいさっぱり整理しよう。
叶えられない「いつか」に追われて暮らすのはやめよう。
叶わないつらさは焦りになり、それがまた、時間を削りこむ。

「いつか」ではなく、「いますぐ」やりたいこと、それだけをつかんで、暮らしてみようと思う。
by hao3chi1 | 2013-03-18 22:04 | 日記 | Trackback | Comments(2)

旅の荷物

旅行の荷物は小さければ小さいほど、軽ければ軽いほど、旅上手、と聞きました。
確かにね。
車移動ならいざ知らず、電車や飛行機だと大荷物は、いちいち大変。
あれもこれも、をぐっとこらえて、これだけ、に絞り込まなくてはなりません。

でもね。

旅先だからこそ、着てみたい服とか、やってみたいこととか、あるんですよね。
日常では、ちょっとねー、と腰が引けちゃうようなことでも、えいって、できる気がします。

今年も夏休みがやってきました。
恒例の裏磐梯へ来ております。
暑い暑い関東平野とは違って、さすが高原、さわやかに涼しく、いやむしろ、寒かったりもします。
そしてなんてったって、ここは私のリゾート地。
うちで一番でっかい旅行カバンに、あれもこれもそれもみんなみんな、詰め込んで、車にどしんと乗せて出かけます。
そして、毎日、あれを着てみたり、これを着てみたり。そして、日頃じゃ考えられないような、朝と夜は違う服を着てご飯を食べたり。
ひやっほー、楽しい楽しい。

うちに戻ったとたんに、山のような洗濯物と格闘する羽目になろうが、お構いなく、こころゆくまでバービーやるのでありました。(ま、そんなスタイルよくないけどね。)
c0001438_716517.jpg

by hao3chi1 | 2012-08-13 07:17 | 日記 | Trackback | Comments(2)

魚焼きグリルでピザを焼いてみた

最近、ガステーブルについている魚焼きグリルの活用にいそしんでおります。
手始めは、お総菜で買ってきた、とんかつの温めから。
グリルに入れて、4分で、かりっと揚げたての味に。
早い簡単うまい、の三拍子で、愛用中です。

今日は、スーパーで、「オーブントースターで焼きたて!ピザ」というような商品を買ってきました。
生のピザ生地に、チーズやらの具材がのせてあり、オーブンかオーブントースターで焼けばできあがり、というものです。
買うときにはもちろん迷いましたが(註:依然としてオーブンの件は思案中)、なんとなく、魚焼きグリルでいけそうな予感がしたので、買ってみました。

できました。

もうばっちりです。

余熱ナシ(ここは魚焼きグリルのいいところ)で、わずか4分で、完成です。
できたて熱々のピザが、あっと言う間にできあがりました。

予想通りというか、予想以上の出来で、もうびっくりです。
すごいぞ、グリル。
クッキーも実は焼けるんじゃないかと密かに思ってもいますが、黒こげになる公算も高く、これはまだ試してません...

思うに、少々焦げてもおいしくいただけるもの、厳密な温度管理を必要としないもの、であれば、魚焼きグリルで十分やっていけるのでは?
ピザとか、グラタンとか、グリルチキン(まあ、1羽モノは入りませんが。)とか。

いつも参考にしてるのはこの本です。

蒸す・焼く・揚げる 魚焼きグリルは“万能シェフ” (小学館文庫)
by hao3chi1 | 2012-05-13 14:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)