<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

radio SHARK update

常々、お世話になっているradio SHARKですが、
updateされました。
radio SHARK for Mac 2.0

早速、ダウンロードして使ってみました。
一番便利だなあと思ったのは、録音スケジュールをカスタムで設定できるところです。
例えば、「月、水、金」とかで設定できます。
これまでビジネス英語のように2日ずつ同じプログラムが放送される番組でも、
毎日録音していましたが、これで必要な分だけ録音が可能となります。
あとは、インターフェースがちょっとかっこよくなりました。
ウィジットも使用できるので、
いつもマックの画面でラジオの受信状態が確認できます。

ただし、前のバージョンの設定は引き継がないので、
最初だけ再設定が必要です。

今のところ、大満足のupdateでした。
by hao3chi1 | 2006-02-27 10:47 | エレクトリック | Trackback | Comments(2)

カステラ成功しました

栗原はるみさんレシピの卵4個使用のカステラ、
昨日やっと成功しました。
家人にも「きめが細かくておいしい」と好評でした。
はあ、よかった。
一応、均等にふくらみ、甘すぎもせず、ほどよい弾力のカステラとなりました。

卵4個で、卵豆腐用流し箱(大)にちょうどの量でした。
(流し箱使用は、「栗原さんちのおやつの本」で推奨されてたので、
やってみました。)

このカステラにはみりんを入れるのですが、
今回は普通のお料理に使う「タカラ本みりん」を使用。
うーん、もしやみりんに凝ると、もっと奥深い味になるのかしら。
思わず、ネットで「お取り寄せみりん」なんて検索してしまいました。

とはいえ、普通のみりんでも十分においしいです。
また作りたくなるような、おいしさでありました。
by hao3chi1 | 2006-02-24 14:28 | 食べるもの | Trackback | Comments(0)

冷凍もののノウハウ

有元葉子さんの「家族のごはん作り (2) 正しい冷凍方法・おいしい作りおき」という本を読み、
早速実践してみました。
豚ミンチ肉の冷凍。
これまでは、パックごと冷凍庫に入れて凍らせていましたが、
解凍に時間はかかるし、場所は取るし、で
今ひとつでした。
有元さんによれば、
パックから取り出して、ラップに大きめに包んで、麺棒で平らに伸ばし、
それをフリーザーパックに入れて、凍らせる、というもの。
麺棒で伸ばすのが結構楽しいし、
しかも四角くなるので、かさばりません。

さらに今回、思いついて試してみたのは、解凍のやり方。
これまではステンレスの調理台の上に冷凍肉を置いていたのですが、
オーブンレンジの天板(黒色のホーロー)をひっくり返して
そこに置いてみたら、なんとなく溶けるのが速いようです。
ミンチを薄く延ばした効果もあると思いますが、
「いいこと、見つけた」気分であります。
by hao3chi1 | 2006-02-22 11:27 | 食べるもの | Trackback | Comments(1)

久々にブラポル語

先日、東京に出かけた折、
新しいブラジル・ポルトガル語テキストを買ってきました。
(武田千香さんのテキスト、手つかずなんですけども。)

テキスト名は
ブラジル人による生きたブラジルポルトガル語初級
基礎をとことん学びたい人のために

というものです。(兼安シルビア典子さん著)
大学での教材をまとめて出版したもののようで、
日本語訳や解説は最小限になっていて、
練習問題がついています。
(CDで発音も聞けます。)
テキストはやや大判で、明るい感じのページにひかれて購入しました。

まだ第2課の練習問題をやっている途中ですが、なかなか楽しいです。
しばらくはこれでやってみます。

そうそう、例のラジオ講座を何回か繰り返したおかげで、
第2課(SER動詞の活用)はokなのです。うれしい。
by hao3chi1 | 2006-02-21 11:35 | ことば | Trackback | Comments(2)

干しきのこのオリーブ炒め

有元葉子さんの「干し野菜のすすめ」を買ってきて読みました。
読んだら無性に干し野菜を作ってみたくなり、
(その気になりやすい性格なのね)
一番失敗のなさそうな、干しきのこ作りに着手。
とりあえず、冷蔵庫にあった、生しいたけとエリンギを適当に裂いて、
例の「栗原はるみさんの手付きざる」に並べて、半日干しました。
本には「3時間ほど」とありましたので、日なたに3時間、
すぐ作らなかったので、そのまま室内に3時間ほど放置。

思ったほど乾ききって小さくはなりませんでした。
これをオリーブオイルににんにくを入れたもので、ジャーっと炒めまして、
塩コショウで、できあがり。

これが予想以上においしくて、
ビールのつまみにベストマッチ。
しいたけ6枚にエリンギ2本、あっと間にたいらげて、
ジーコジャパンのフィンランド戦に声援を送ったのでありました。
ごちそうさまでした。
by hao3chi1 | 2006-02-20 10:14 | 食べるもの | Trackback | Comments(2)

カステラ再挑戦するぞ

前回の失敗作、卵7個で作ったカステラは
まだうちにあって、毎日地道に食べております。

栗原さんちのおやつは、どうも大勢向きになっているようで、
シフォンケーキには、なんと、卵10個を使うことが判明。
これって、1パック全部ですよ。
きっと、栗原家は大人数でおやつをやっていたのに違いありません。
自分で少量バージョンを試作するか、と思っておりましたところ、
先日、本屋さんで栗原はるみさんの新刊おやつ本を見つけました。
最初のお菓子がカステラ!
これは運命だわ、とまたまた感じて購入。
今度のカステラは卵4個になっており、手ごろな大きさに落ち着きそう。
栗原家も子供たちが巣立って、このサイズになったのかしら、
なんて勝手に想像。
この新刊はごく普通のお菓子の本になっておりまして、
前作のように「イチゴパックを取っておいて粉を計るときに使いましょう」とか
「卵豆腐の型を使えば、ケーキが焼けます」とか
「おしゃれな紙箱でもカステラが焼けます」とかといった、
とても微笑ましいメッセージは消えておりました。
私としては前作のメッセージが家庭的でとてもよかったので、残念な気がします。
まあ、両方の本がありますので、いいんですけども。

そういうわけで、
この失敗カステラを食べ終えたら、次は卵4個カステラに再挑戦の予定です。
今度はうまくいくかしら。
by hao3chi1 | 2006-02-17 15:04 | 食べるもの | Trackback | Comments(0)

通販本屋さんの比較(個人的感想)

ありとあらゆる本がそろっている本屋さんが近くにないところに住んでいます。
それでも、やっぱり本が欲しいぞ、というときには、
通販の本屋さんを利用します。
それはそれは何年もお世話になっておりますが、
昨今はいろんな通販本屋さんもあり、
個人的な感想を元に、書いてみます。

1)アマゾン
一番おせわになっております。
検索機能もばっちりで、ちょっとしたカタログショッピングもできます。
思いがけない本に出くわして、思わず買ったりもしてます。
さらに、本だけでなく、風水グッズまで売っていたりして、
ネットのよろずやさん、であります。
不満を言えば、配達部分。
とにかく早いのは一番早いのですが、
配達時間を指定できない、というのと、
ここからはきわめてローカルなことですが、
持ってきてくださるおじさまがちょっとご高齢で、
うちに到着したときには息切れしてまして、
なんだか申し訳なくて、1-clickが押しにくい状況になっています。
宅配時にリポビタンでもあげようか、と真剣に思ったくらい。
これが他社のように「元気はつらつ系」の人であれば、
アマゾン一筋になるのに、と思う今日この頃であります。
そういう不満をぶつける窓口もないのよね、アマゾンには。ふう。

2)楽天ブックス
アマゾンがそういうわけで、ちょっと気が引ける状況なので、
代わりを探していて、ここに注文してみました。
配達は、好感度抜群クロネコヤマトなので、
お届け時間設定もできるし、メール登録してあるので、配達予告もあるし、
問題なし。
問題は、本が来るまでに日にちがかかる(アマゾンと比べて)ということと、
意外と在庫が少なそうなこと。
アマゾンで24時間以内なんてのも、「お取り寄せ」だったりします。
本はやっぱり、すぐ来て欲しいの、というわがままな私にはちょっと不満が残ります。

3)セブンアンドワイ
近くのセブンイレブンに取りに行けば、送料無料というもの。
やっぱり、本が来るのは遅いです。
セブン愛用者にはいいですが、本のためだけに行くのは、ちょっと。
(行くとついでに、違うものも買っちゃうし。)

というわけで、おじさまごめんね、といいつつ、結局はアマゾン頼みが多くなっちゃうのでした。
(アマゾンのページの最終行の
「あなたの買ったものが、いくらいくらで売れます」
という額がどんどん増えていくのが非常に恐ろしいのでした。)

追記)この項はごく私的な感想を述べていますので、記載された各社とはなんの利害関係もありませんことをお断りしておきます。
by hao3chi1 | 2006-02-13 11:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)

スポンジ系は難しい

栗原はるみさんレシピのカステラを
前々からずっと焼いてみたいと思っておりまして、
ついに挑戦してみました。

卵7個、というからちょっとひるんでいましたが、
実際に泡立ててみると、みるみるボール一杯に。
予定していた型(栗原さん流に卵豆腐の流し缶)では足りず、
パウンドケーキ型も使用しました。
サラダ油はいいとして、みりんも入れるレシピにびっくり。

一応できました。
できましたけど、卵の泡立てがまずかったのか、粉の混ぜ方が悪かったのか、
下の方が固くなり、押しつぶれたみたいになってしまいました。
味のほうですが、
あまり甘くないのはいいけれど、やはりカステラのふわっと感が足りません。

スポンジケーキの道はなかなかに険しいようです。
再挑戦、しなくちゃね。
(これだけの量を、一人で食べるのは結構きついですが。)
by hao3chi1 | 2006-02-12 11:21 | 食べるもの | Trackback | Comments(0)

ゆで豚を作る

「よし、トンカツ作るぞ」と勢い込んで、
豚ひれ肉ブロックを買ってきたものの、その後意気込みがなえてしまい、
冷蔵庫で静かに座っている、豚肉の塊。
いかんですな。
なんとかしなくちゃ、というわけで、
今回の圧力鍋メニューはゆで豚に決定。

ネギとショウガを入れて、豚肉と共に20分高圧で加圧し、自然放置。

簡単だけど、これでよいのかしら。

出来上がったものの感想としては。
1)ひれ肉が淡白すぎたのか、肉がぱさぱさに。
2)包丁できると、崩れやすい
3)味がないので、これだけじゃ食べにくい
と、反省。
本には書いてありませんでしたけど、
やはり、焼き豚を作るみたいに、タコ糸でしばって、調味料も入れて作った方がよいようです。
ただ、これにマヨネーズとかたれとかつけると、おいしいので、
そういう食べ方ならお勧めです。

作るのは非常に簡単でしたが、レシピについては今後一層の改良を、
というところでしょうか。
by hao3chi1 | 2006-02-08 10:35 | 圧力鍋 | Trackback | Comments(3)

ハートで感じる英文法、を読んでます

年末、NHK教育テレビでの再放送(ダイジェスト)を見てからというもの、
とても気になっていた、大西先生&マクベイ先生の、
「ハートで感じる英文法」をやっと手に入れました。
初版本はあっという間に売り切れたらしいです。

読んでみての印象。
とてもおもしろいです。
今までなんとなく感覚的にとらえていたことが文章になっているので、
そうそう、そうなんですね、と頭の中が整理整頓されていきます。
aとtheの使い分け、なんて、イメージから解説してあるので、
これを読んだ後は、もう迷わないですよ。

それにしてもあの番組のインパクトはすごくて、
最初、大西先生はどっかの予備校の先生かな、なんて私は思いました。
NHKにしては出色の講師陣かと。
現在は、「3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法会話編」をやってます。
なかなか見る時間が取れないのですが、
録画してでも見る価値はある、です
by hao3chi1 | 2006-02-07 11:27 | ことば | Trackback | Comments(0)