<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

テレビスペイン語講座、見ました

昨夜は「はるみ英語」をライブで見た後、
なんとなくそのまま、テレビスペイン語講座になだれこみました。
福嶌先生は、以前よりちょっとお年を召した感じになっていて、
5年前くらいにファンだった私はちょっとショック。
昔の方がテンション高かったなあ(当たり前だけど)。

今回は第一回進級テストでしたが、
結構、厳しい内容でしたよ。
なんといっても「巻き舌5秒以上」というテスト項目は
巻き舌苦手な私にはクリアできないです。
(思わず、今朝、洗濯しながら、練習してしまったぞ。)
そして、予告通り、最下位の人はアディオスになってしまいました。
やってる人はきちんとやっていて、高得点でしたね。

こういう試みはおもしろいかも、ですが、
視聴者にも同じテストをやれるようにしてもらうと、
見ている側もついていきやすいですね。
(テキストには載っているのかもしれないのですが、買ってないので不明。)
by hao3chi1 | 2006-04-28 10:41 | ことば | Trackback | Comments(2)

ゴールデンウィークにやりたいこと

いよいよゴールデンウィーク間近。
なにしようかなあ、あれやりたい、これやりたい、と頭の中はいっぱいです。

1)お魚をさばきたい
第1目標はこれ。
いまだかつて、お魚一尾を自分でさばいたことがありません。
お魚コーナーで頼めばやってもらえますが、
しかし、イワシや小アジまで頼むのはちょっと気が引けます。
で、自分でやってみたいのです。
グローバルの小出刃も買ってきたし、
このお休みでがんばってアジをさばいてみます。
どきどき。

2)ミシンで縫い物するぞ
ミシン台もあることだし、
布をばしばし裁って、ミシンでかたかた一杯縫いたいです。
キッチンの小物からエプロンからいろいろ作りたーい。

3)おいしいものを作って食べたい
オーブンレンジで焼き豚作って食べたいし、
お菓子も焼きたい。
圧力鍋で玄米ご飯炊きたいし、
ル・クルーゼでなんか煮込みたい。

4)語学三昧の朝
朝早起きして、語学三昧。
4月の復習やら、ポル語のやり直しやら。
はるみテレビも見なくては。

5)その他諸々
鉢物の植え替えもやりたいし、部屋の掃除もやりたい。
ちょっと台所の手直しもやりたいし、

あー、そんなにできるのかしらん。
まあ、やりたいことがいっぱいあるのは前向きな証拠、ということで、
いろいろごそごそやってみますわ。
by hao3chi1 | 2006-04-26 13:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

肉じゃがのタマネギ

うちはいつも、タマネギは半分に切った後、
繊維に沿って5ミリくらいにとんとん切っておりました。
先日、栗原はるみさんが英会話番組で、
「私はタマネギを8つに切るんですよ。味がしみたタマネギがおいしいです。」
というようなことをおっしゃっていたのを思いだし、
今日の肉じゃがはタマネギをくし形に8つ割にしてみました。
これは大ヒット。
いつも、玉じゃくしで追い回していたタマネギだったのに、
今回はすっきりと集められて、
片付けの時にも鍋底に残ったかわいそうなタマネギは皆無になりました。

これからうちの肉じゃがは、栗原風に8つ割にします。
by hao3chi1 | 2006-04-19 21:12 | 食べるもの | Trackback | Comments(2)

久々に編物

こんなに暖かくなって編物、という感じもしますが、
オーガニックコットンの糸を買ってきて、
久々にニットキャップなどを編んでおります。
というのも、
病人が治療の関係でスキンヘッドになっており、
病んでも女はかわいくなくては、と思いまして、
突然、昨夜から編み始めました。

元々、「編み目がゆるい」手なので、
それはもう、ゆるゆるのキャップですが、
まあ許してもらおうか、と。
輪針にしたのも、ゆるゆるの原因。
やはり4本針にすべきだったかしら。
(編物も上手だった母は、いつももう1本足して、5本針で編んでました。
編んでるところが四角になるからやりやすい、って言ってましたね。)
今半分くらい完成で、もう少ししたら減らし目に入る予定です。

編みながら、
白鳥にされた7人のお兄さんたちのためにイバラで上着を編んでいた、
イバラ姫のお話を思い出しました。
大変だっただろうなあ。肩もこるだろうし。

編物って、肩は凝るけど、結構好きです。
この単調な作業が、実はストレス解消になります。
自分のも編んじゃおうかな。
by hao3chi1 | 2006-04-18 10:57 | | Trackback | Comments(0)

ラジオドイツ語講座

中国語も始まったばかりだというのに、
なんの拍子にか、ドイツ語も聞いてみたくなりました。
早速、テキストを買ってきて聞きました。
懐かしい中に、すっかり忘れちゃったこともあり、
しかも、この講座は最初から結構ぶんぶん飛ばして進むようで、
ドイツ語が大量に流れております。

しかも、1ヶ月の終わりには、
「私の学習記録帖」なるページがあり、
ここには、
ちゃんと聞いたか、きちんと声に出して練習したか、などと質問があり、
(それぞれに、聞いた、とか全然、とか答える)
今月の収穫やら、今後の学習目標やらを書き込むようになっています。

なんというか、すごい至れり尽せり。
好き嫌いの分かれるところでしょうが、
NHKテキストもここまできたか~の感慨にふけりました。
聞きっぱなしにさせないテキスト。

なんか毎日聞きたくなっちゃって、RadioSharkのスケジュールに組み込みました。
(ますます早起きして語学時間を取らなくては。うわー)
by hao3chi1 | 2006-04-17 16:03 | ことば | Trackback | Comments(4)

今週は肉じゃが、でした

栗原はるみさんの英会話、第二回目を視聴しました。
(栗原はるみの挑戦 こころを伝える英語)
今回は持ち寄りパーティにお招きされてのシーン。
台所から水槽から何から何まで、ほめまくる、という練習でした。

英語での料理解説がおもしろいですよ。
アクを取る、がskim the surface、というのは初めて知りました。
おとしぶた、はdrop lid。(うーん、そのまんまだ。)
勉強になりますねえ。
(栗原流肉じゃがも一緒に覚えられるしね。)

特筆すべきは、
今月号の「きょうの料理」テキストにこの英会話講座の宣伝が載っていたこと。
未だかつて、私の知る限り、きょうの料理とコラボした英語番組はなかったはず。
この線で行くと、
そのうち中国語講座に陳さんや周さんが出る日も遠くないかも。
(出たら絶対見る。)

NHK国際放送に「きょうの料理」が英語で流れる日も夢ではないと見ましたが、
いかがでしょう。
by hao3chi1 | 2006-04-16 20:55 | ことば | Trackback | Comments(0)

ほうきの実力

万歩計の電池交換で、とても小さなねじをはずし、
これを落としたら大変だなあ、
と思っていたら、やっぱり落としてしまいました。
落としたのは、机の下の、綿ぼこりやらゴミやらの散らばる空間。
ただでさえ薄暗いのに、夜だったので、困りました。
掃除機でぎゅおん、とやったら、ねじなんてひとたまりのなく吸い込まれてしまいます。

一度はあきらめかけましたが、
そうだ、手ぼうきでゴミごと集めて、検分してみよう、と思いつき実行。

ありました、ありました。
綿ぼこりのなかに、小さなねじを発見。
ついでに、ゴミもちりとりで集めて、一件落着。

意外なホウキの実力に感心した夜でした。
by hao3chi1 | 2006-04-14 09:42 | 雑貨 | Trackback | Comments(6)

続・グリルカレで干物を焼く

焦げを落としてから焼くかどうか、ちょっと迷ったものの、
今宵もアジの開きを食べたい、という食欲には勝てず、
そのまま、干物焼きを決行しました。
今回は、グリルに油をまんべんなく塗り(ペーパータオル使用)、
開きアジをじじじ、と焼きました。
焼け具合は全く問題なし、ただ、ちょっと煙が多かったかも。

焼いた後すぐ、お湯を張ろうとしてみたところ、
グリルが相当の温度になっていたようで、あっという間に水蒸気に。
あきらめて、少し冷めてから、「重曹を入れて煮立てる」作戦に変更。
確かにブクブクと泡立ちながら、
魚のカスなどは取れてきましたが、
問題の「茶色くべっとりした油汚れ」はそのまま。
グリルの説明書には
「使い込むうち、表面に黒~茶色の皮膜が出来ますが、これは取る必要はありません」
とありましたが、これはその皮膜とは違うでしょ、やはり取らねば。

結局、重曹をたっぷりとふりかけて、
ナイロンスポンジでごしごし、ごしごしとこすり落としました。
どうやら概ね取れたみたいで。
波型の立ち上がり際に少し残った程度、まで改善しました。
触っても拭いてもさらっとした表面にもどりました。

やれやれ。

毎回、こうなるのかしら。
いやいや、しっかり油を塗れば大丈夫なのでは、と期待しています。
by hao3chi1 | 2006-04-13 09:20 | 食べるもの | Trackback | Comments(2)

アジの開きを焼く

思い立ったらそのまま暴走するタチなので、
昨夜は早速、グリルカレでアジの干物を焼いてみました。

グリルに油をひき、熱くして、アジを焼きます。
下火オンリーなので、
五感をフル活用して、焼き加減をチェック。
油のはぜる音、焼き目の色、そして匂い。
つきっきりで焼きましたので、
煮魚のときのように「お鍋におまかせ」というわけにはいきませんでした。

出来上がりは、ふんわりとおいしく焼けています。
グリルに魚の皮がくっついて、身が取れちゃう、ということもなし。
ガスグリルのときのような香ばしさにはやや欠けますが、
焦げない分、おいしくいただきました。

問題はその後。
グリルの波板にくっついた焦げがなかなか取れません。
スポンジでごしごしするとかなり取れますが、
お鍋のときのようなエナメルコーティングではないためか、
かなり手ごわいです。
お湯を張ってこすってみましたが、ダメ。
昨夜はとうとうギブアップして、とりあえず拭いてしまいました。
今夜は重曹を入れて煮立てて、もう一度こすってみます。

道具だからと割り切ってしまいところだけど、
焦げは焦げを呼ぶからなあ、ちゃんと落としておかなくては。
もっとしっかり油を引けばよかったのかなあ。
このあたりは今後の課題です。
by hao3chi1 | 2006-04-12 09:49 | 食べるもの | Trackback | Comments(0)

焼き魚、の季節

ル・クルーゼ煮魚シリーズもすっかり定着した食卓ですが、
暖かくなってくると、
そろそろ焼き魚なども食べてみたくなってきました。
アジの塩焼き、ブリの照り焼きなどなど。
干物なんぞもよろしいですなあ。

で、問題となるのは魚焼きグリル。
うちのガスコンロにもついていますが、
やっぱり、それなりに汚れていて、後片付けも大変なのであります。
もっと簡単にさっぱりと焼けて洗えるものってないかしら。
そもそも、上火はなくても焼けるんじゃないかしら。
七輪でサンマを焼くときなんて下火だけですものね。
などと、つらつら考えて、
考えているうちに、どうしてもアジの開きが食べたくなり、
えいやっと買ってしまいました。
ル・クルーゼのグリルカレという四角い焼き網型フライパン、みたいなやつ。
油はひかなくちゃいけないようですが、
煮魚のとき、鍋に魚くささが残らなかったことからして、
手入れは大丈夫そうな予感。

うまく焼けるかどうか、ちょっと心配ですが、
近いうちに、魚を買ってきて、焼き魚、挑戦してみます。
by hao3chi1 | 2006-04-11 11:49 | 食べるもの | Trackback | Comments(0)