<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お経を唱える

とうとうアマゾンから届きました。
一つはまさしくお経そのもののCD、もう一つは本とセットになったお経CDブック。
まずはCDブックについていたものを聴いております。
この抑揚のない読経の声は、
一瞬、お葬式を思い出させるものでありますが、
しかし、落ち着いて聞くと心休まるというか、心静まるというか、
悪くない心持ちです。
さすがに大音量で聴くものではないと思うので、
音をしぼってしみじみ聴いて、唱和してみたりしてます。

母の四十九日(中陰、というようです)までに覚えるのが目標ですが、
まあ全部は無理ですよね。
短いやつはなんとかなりそうですが。
本によると、全部唱えなくても、気に入ったのを好きなときに思い出すだけでも
よいらしいです。

iPodに入れて常時聴くかどうか、目下思案中。
他人から見たら、ちょっと怪しい行動だよね、とも思うし。
ラジオ講座(中国語とビジネス英語)と天台宗お経の入ったiPodって、
かなり独特な感じですねえ。
by hao3chi1 | 2007-03-31 20:27 | ことば | Trackback | Comments(10)

桜風

うちのあたりでも桜が三分咲きくらいになりました。
窓から桜を眺めながら、
DEPAPEPEの桜風を聴いています。

既にご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、
私がこのギターデュオの存在を知ったのはごく最近。
偶然つけたテレビ番組で、演奏している姿を見てぐっときました。
本当にギターを弾くことが好きだ、というのがあふれてくるようで、
すぐにショップへ行って購入。

桜風というミニアルバムには3曲入っていますが、
どれも本当にすばらしいです。
ちょっとほっとしたいときなど、一曲聴いてリラックスしています。
by hao3chi1 | 2007-03-29 13:53 | うた | Trackback | Comments(4)

春のNHK語学講座

また春が巡り、4月号が店頭に並ぶ季節となりました。
今年はどういう趣向なのか、月別カラー表紙となり、
どれが何語なのかさっぱりわからない状態となっております。
4月号は黄色で、しかも濁った黄色。
これが並べられた一角を目にすると、くらくらします。
どうしても、
黄色...黄砂...のどがざらざら...いやだ〜〜
という連想の展開になってしまい、どうも好きになれません。
どうせなら、もっと気持ちのいい色にしてほしかったなあ。

ともあれ、今回はビジネス英語とラジオ中国語の2冊。
久々に中国語に復帰しようかと思っています。
第1週目の発音編でくじけず流れに乗れるかどうかが分かれ目。
知っているからと侮らず、ちゃんとついていかなくちゃ。

今年は新作のポルトガル語講座、あるんでしょうか。
予告は何もないので、今年は放送自体がカットなのでは、と心配。
by hao3chi1 | 2007-03-28 20:28 | ことば | Trackback | Comments(4)

ありがとうございます

みなさま、お心遣いありがとうございます。
なんとか葬儀を終え、また仕事にもどりました。
まだまだ、法要が続くのですが、とりあえずは一段落です。

思えば、母の菩提寺のことなど何も知らず、
まさに「どろ縄式」ではありますが、
目下、勉強中です。
この先、菩提寺とのつきあいは長くなりそうですし、
その度に「わからないお経」を聞くのも辛そうなので、
これを機に、お経の勉強などを始めました。
(目標は、一緒に読経すること)

徐々にもとの生活に戻りつつあります。
ご心配ありがとうございます。
RESのかわりに、記事をアップしました。
by hao3chi1 | 2007-03-27 15:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

お知らせ

先日、闘病中の母が他界いたしました。
しばらくの間、ブログの更新が(更に)滞ります。
お返事もアップできないかと思いますが、ご容赦くださいませ。
落ち着きましたら、また書きます。

皆様もどうぞお体をお大事になさってくださいね。
by hao3chi1 | 2007-03-22 12:19 | 日記 | Trackback | Comments(7)

着物生活はじめる

ついに木綿の着物を手に入れまして、先週から着物生活を始めました。
その経緯は.....

呉服屋さんの敷居は高いので、
楽天で木綿の着物を注文。
帯は自分で結んだことがなかったので、
とりあえず兵児帯(浴衣の子供が結んでいるようなやつ)を一緒に購入。
待つこと約1ヶ月(仕立ての時間)。
ついに到着。

ま、浴衣と同じでいいや,という感じで着てみました。
しばらくは練習で、着て出かける訳でもないので、
下に着る長襦袢は省略して、タートルシャツの上に着用。
意外にもそれなりに着られたので感激。
その後、着付け小物セットに入っていた、使途不明の紐たちをネットで調べ、
おー、これがコーリンベルトでこういう風に使うのか、
などと一歩一歩前進。
(こういう便利グッズって侮れませんです。ホント使いやすい。)
兵児帯も帯結びの本を見ながら数回結ぶうちに、本なしでも大丈夫になりました。

一応、着物自体はなんとかなってきたので、
長襦袢、は高かったので、半襦袢を購入。
ますます着物らしくなってきました。
これで半襟を付け替えたりする楽しみがでてきましたが、
衣紋の抜き加減が、というか、ぴっちり詰めすぎる傾向なのでここはまだまだ。

そしてついに、帯結びに挑戦したくなり、
まずは帯枕とか帯揚げとか必要のない、半巾帯で開始。
本を見ながら挑戦しましたが、なんとなく完成。

というわけで、目下、鰹縞の木綿着物に赤の半巾帯を締めております。
全然息苦しくもなく(自分で締めたので当たり前か)、
水仕事も割烹着を着たりたすきがけしたりして、やっております。

日常のお仕事では当然ながら洋服なので、
着物を着るとオンオフが切り替えられて、ちょっとリラックスできます。
by hao3chi1 | 2007-03-11 06:42 | | Trackback | Comments(4)