<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シュールなフランス語講座

語学好きな、ブログ仲間のみなさまへ、本を一冊。

「山本容子のシュールなフランス語講座」(朝日新聞出版、1600円)

なにも、私、フランス語を始めよう、というわけではないのです。
新聞広告に「大人のための語学上達の極意」とあったので、買ってきたのです。

本は、画家の山本容子さん(ネスカフェの出してる小冊子のイラストとか、リトグラフとか、目にしたことがあるかも)が文と絵を書いています。内容は、前半が単語をモチーフにしたお話と絵が見開き1ページにおさめられている、単語集(といっていいかどうか、わかりません)。後半が、山本さん流上達の極意。
前半部分も十分に、シュール、ですが、後半は、私は今まで思いもしなかった視点からの「語学論」が書かれていて、これもまた存分に、シュール。本職の方のおっしゃる、「シュール」は、やはり、筋金入りであります。

上達の極意、のパートの冒頭に、一文。

妄想の積み重ねと遊び心
これなくしては、大人の語学学習は長続きしません

おおおおお。
更にすごいことに、「上達度を点数に換算しない」「仕事として使うとか、資格を取るとか、完成形として何かを考えない」と、「大人の趣味」について書かれています。

あまりに「大人」の視点でして、一読しただけでは圧倒されて、理解が及ばず、こうしてここに感想を書けるようになるまで、都合10回くらいは読み返しました。

私なりの解釈としては、「大人の趣味としての語学は、そのプロセスを存分に味わい、そこにこそ楽しみがある。終点を決めてフィニッシュしてしまったら、楽しみがなくなっちゃうじゃないの」ということ、かしら、という...

語学熱のベクトルをどこへ向けるか思案中なら、是非一度、書店で手にしてみてくださいね。
フランス語派の方は、前半も楽しめるかも。(絵がまた、シュールなのよ〜)
by hao3chi1 | 2009-05-27 19:30 | ほん | Trackback | Comments(6)

捨てるさびしさ

連休を利用して帰省し、実家の片付けをやってきました。
亡母の服やら、入院中でもはや着ることもなさそうな父の衣類やら、一切合切を袋に詰めて、処分することにしました。
家のあちこちから、懐かしいものやら思いもよらぬものやらが出てきて、感慨にふけること、しばし。
例えば、
中学時代の答案用紙、とか、修学旅行の説明パンフ、やら。
取っておきたい気持ち半分、持っていてどうする?という気持ち半分、
悩んだ末に、えいやっと、処分することにしました。
処分してから、やっぱり、「ああ、取っておけばよかったかな」と後悔の気持ちもわき起こり、
なんというか、ちょっと哀しい気持ちです。
誰だったかが、「どんなに大切なものでも、あなたの亡き後はただのガラクタ」とおっしゃっていました。
それはよくよく理解しているのですが、
でもでも、なんだか、今まで実家の片隅に眠っていたものを一気一瞬に捨ててしまった、というのは
気持ちとしては寂しいような申し訳ないような、そんな感じです。
by hao3chi1 | 2009-05-05 17:24 | 日記 | Trackback | Comments(8)