<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

フォトノート

中村俊輔選手の「サッカーノート」が話題になっていますが、
それにならって、
「フォトノート」というのを作ってみようと思い付きました。

写真を撮っていると、
後から見返したとき、
「あー、ここ、もうちょっと、明るく撮ればよかった」
とか、
「惜しい!シャッターチャンスが、ちょっとずれてる。連写モードにすべき。」
とか、
いろいろと、反省点がでてきます。
こうした「自分ダメだし」も、哀しいかな、その場限りで忘れちゃうので、
何かに書いておきたいなあ、と思います。

この前、買ってきた、絵日記帳にプリントを貼ればちょうどいいかな、と思い付きました。
PC上に作る、という手もありますが、
現物にして何度も見る、という感触がいいのでは、と。
貼り込むと分厚くなりますが、飾り物じゃないので構わないことにしましょう。
by hao3chi1 | 2009-09-30 06:28 | しゃしん | Trackback | Comments(2)

ラジオイタリア語講座初日

「まいにちイタリア語」初日はアルファべートでした。
久々の「新しいことば」なので、集中して聞くことができました。

a di Ancona,
b di Bologna,
c di Como ...

というように、アルファベートを都市の名前をつけて言っています。
(一部、都市じゃないのも混じりますが。)

これ、おもしろいなあ。
ブラポル語版も作ってみましょう、と思っているところ。
ただし、都市名には明るくないので、普通の名詞で作ってみます。

「まいにち」初級は月曜日から水曜日まで。
だから、残りの曜日でゆっくりと復習などできそう。
ブラポル語版「まいにち」が作れるよう、やってみます。
by hao3chi1 | 2009-09-29 06:59 | ことば | Trackback | Comments(4)

朝顔の種

今年の朝顔は、日よけ棚作りにしたためか、盛大に花が咲き、
その結果、次々と実り、とてもたくさんの種が取れました。
蒔いた数は、たかだか6本程度でしたが、
その種はたぶん、100個は軽く越えそう。
去年の種も、結局、全部は蒔ききれず、大量に残っています。
すごい、繁殖力。
しかも、大抵の種は芽が出ます。

鉢に仕立てて差し上げた先でも、種が取れているし、
職場の空き地に植えたのも、立派に花が咲いて種が付いているし、
元気な系統のようです。

来年は、たくさん苗を作って、
もっともっといろんなところに植えてみたいと思っています。
日よけ棚の作り方もなんとなくマスターしたし。
いえ、簡単なやつです。
網戸枠にすだれを固定する金具をねじ式で取り付け、そこにネットを引っかけ、下をプランターに結びつけるだけです。網戸は動かせなくなりますが、特に部屋が暗くなることもなく、虫が寄ってくることもなく(かえって少なかった)、日よけカーテン効果もあがるので、非常によかったです。
by hao3chi1 | 2009-09-28 06:17 | 自然 | Trackback | Comments(4)

秋の街並みを散歩

好天の続く、今年の秋。
絶好のお出かけ日和なのだけれど、
遠出すれば高速道路が大渋滞(夏にはまって懲りた)、
イベントに行けば新型インフルエンザ、
というわけで、もっぱら、近くで秋を楽しむことになりました。

いつもは車で通る道を、歩いてみるか、ということになり、
てくてくと、家々の間を散策。
庭のお手入れに余念のないおうちが多く、
素敵なお花が咲き乱れたり、果物がなっていたり、
見応え十分。

ウォーキングというほどのまじめな歩き方ではなかったけれど、
歩数計を見ると、3kmくらい歩いていました。
昼間でちょっと暑かったけれど、気分も良くて、楽しく歩けました。
by hao3chi1 | 2009-09-27 07:02 | 自然 | Trackback | Comments(2)

ただいま、計画中

ポルトガル語の勉強もなかなか進まず、
なんとなく、というより、本当に、同じところをぐるぐる回っているような気がしてます。
勉強する時間や曜日を決めてみても、
テキストを決めてみても、
どうも、飛び飛びになってしまうんですよね。

それというのも、外からのペースメーカーがないから。
教室に通ったり、ラジオ講座を聴いたり、というのがあれば、
それを軸になんだかんだやれると思うのですが.....

おっと、ラジオ講座!

NHKでは武田先生の講座を延々と使い回していて、
さすがにもうそれは、聞く気になれず(武田先生のせいではまったくありません!)。
どうしよう??

ふと、
イタリア語講座を聴きながら、
それと同様のポルトガル語文法箇所を勉強する、という案を思い付きました。
なお、イタリア語は全くやったことはありません。
早速、ラジオテキストを買ってきて見てみると、
ちょうど良いことに、10月からは「初心者向け文法」をやるようです。
よし!

何でイタリア語なのか?
先日来、読みふけっている、塩野七生さん著「ローマ人の物語」の影響が大きいかも。
これを読んで、久々に「ガツン」と気持ちにぶつかるものを感じ、
ローマに興味をもちました。
ま、ジーコもイタリアへ行ったとき言葉にはそんなに困らなかったらしいので、
このふたつは、たぶん、似ているんじゃないかな、と。

新しい言葉とセットでやるポルトガル語。
うまくいくかな?
うまくいくように、下準備、しておこうかな。
わくわくです。
by hao3chi1 | 2009-09-26 06:35 | ことば | Trackback | Comments(8)

マイカップを持って行こう。

スターバックスでいつものようにホットソイラテを注文したら、
耳寄りなお話をカウンター越しに教えていただきました。

マイカップを持って行こう。

10月1日から11月3日まで、スタバ各店にて、
ドリンク購入のとき、マイカップ・マイタンブラー持参だと、
通常20円引きのところが、
50円引き
になる、というキャンペーンです。

これはうれしい企画ですね。
50円分で、ちょっとなにかできそう。(カスタマイズとか)
ついでに、
店頭に募金箱なんかを置いてもらえれば、
値引き分をチャリティーしちゃうんだけどなあ。
by hao3chi1 | 2009-09-25 05:28 | スターバックス | Trackback | Comments(0)

全粒粉パンに挑戦

ご飯を炊くように、パンを焼いているせいか、
特に、レシピに凝ることもなく、毎回同じものを作っています。
それはそれで別段、誰からも文句も出ないのですが、
たまには、違うのも焼いてみたくなりました。

最近、というか、前から、スーパーの粉売り場で気になっていた「全粒粉」、
パンに入れて焼いてみたいなあ、と思っていたので、
この連休に挑戦しました。
お米で言えば「玄米」にあたる、「全粒粉」です。
体にも良さそう、だけど、どんな感じになるのかな。

粉の入っている袋を読むと、
全部「全粒粉」にすると、ふくらみが悪くなるので、普通の強力粉と半々がいい、とのこと。
いつものレシピの粉の半分を「全粒粉」にして焼いてみました。

できあがりは、予想通り、褐色の食パン。
いつものよりは釜伸びが少ないです。
食べてみると、少し香ばしい感じがあり、なかなかおいしいです。
家族の評判もよかったので、これから時々、登場させることに決まりました。
by hao3chi1 | 2009-09-24 06:14 | 食べるもの | Trackback | Comments(2)

ひとやすみ

連休はじめから、飛ばしに飛ばして、いろいろばたばた、やっていたら、
ついに昨夜、発熱!
最初は、体がだるく、筋肉痛がしてきて、何だろう、と思っていたら、
家族が触って、「なんだか熱いよ」と。
測ってみたら、37.5度。
食欲もなかったので、夕食は抜いて、お風呂に直行。
「41度暖め式」で、暖まり、湯上がりには湯冷ましを飲み、
そのまま寝ました。
夜中、なんどか汗をかいて起きましたが、
無事、今朝には解熱。
ちょっとまだ頭が痛い・重いのですが、まあなんとか。
ぺりおさんの熱といい、
こういう風邪が流行っているのか、どうかはわかりませんが、
今日はともかく、ゆっくり暮らします。
by hao3chi1 | 2009-09-23 08:47 | 日記 | Trackback | Comments(4)

オートフォーカスは本当に便利?

家族行事で、どうしても「記録」写真が必要、と判断。
iPod touchを見送って、ズーム付きデジカメCX2(光学10倍ズーム)を購入しました。
この際、デジタル一眼、という気もしたのですが、
レンズ交換をして写真を撮りまくる、という域にはまだ達していないと思い、
コンパクトデジカメでズームの効いたヤツ、という選択になりました。

ズームして、オートフォーカス、というのは、
昔、普通の一眼レフで、ズームレンズを支えながらフォーカスを決めていた身には福音のように思われました。
技術の進歩はすばらしい...

と、思っていましたが、
下馬評のごとく、
室内の、やや暗い場所でのフォーカス調整は、技術を持ってしても決めがたいようで、
ここぞというときに、迷ってばかり、ということも。
これなら、手動の方がいいかも。
もちろん、マニュアルでフォーカスも決められますが、
これとても、ボタン操作なので、ちょっともどかしさが...
マニュアルでやっていた指先の微妙な調整を、例えば、不器用な親指でボタン操作する、というのは、
それはそれなりに、習熟が必要なことでした。
本来なら、こういうのは人差し指の仕事なんですが、
そちらはシャッターにかかりきりなので、そういうわけにもいかず。

アナログの方が、こうした連続性のある操作・動作は勝っているなあ、と痛感。
古いフィルムカメラをリフレッシュして使うか、などと思ったりもする秋の夕べでした。
by hao3chi1 | 2009-09-22 10:23 | しゃしん | Trackback | Comments(0)

目覚まし時計

「鳴り方がイマイチ」だった、くだんの目覚まし時計。
なんだか、引っかかったような鳴り方なので、
短針の接触が悪いのかと思い、思い切ってフタを開けてみました。

ふーむ。
長年にわたる、落下テストの影響か、
目覚ましセット針の根本部分に、たくさんの欠けがありました。
ここが原因かもしれません。
が、こればっかりは、針交換しか手がなさそう。
こんな針は、たぶん、東急ハンズにでも行かないとないだろうなあ。
(いや、行ってもないかもしれないけど。)

とりあえず、強めに押さえておいて、再度フタをして終了。
よくなってくれるといいのですが。

.........

今朝、鳴りませんでした。
うーむ、まずいです。
鳴らなくても大体目が覚めるものの、でも、ここ一番、鳴らないと心配です。
手で針を回して重ねると鳴るのですが、
自然に任せると鳴りません。
10年以上、たぶん、使っていますが、ついに寿命でしょうか。
もうちょっと様子を見て、決めなくては。
by hao3chi1 | 2009-09-21 06:18 | 日記 | Trackback | Comments(2)