<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お誕生日にシャンパンを

今年もまた、誕生日が来て、そして過ぎていきました。

例年ですと、
「自分へのお疲れ様プレゼント」
として、なんだかかんだか買うのですが、
今年はどうも、これ、というものを思いつきません。
「断・捨・離」の影響かもしれませんねえ。
絶対手に入れたい,というモノ以外は、買わない、というブロックが効いているみたいです。

ともかく、お誕生日ケーキを食べ、家族に歌ってもらって、その日は終わりました。

でもねえ、せっかくここまでなんとか生きてきて、またこれからがんばろ、というには、
ちいっと、寂しくはないか、と思い及び、
そして、思いついたのがこちら。

シャンパンを買ってきて、飲んでみよう〜。

お祝いの席などで、うやうやしくいただいたことはありますが、
自分のウチで飲んだことはなく、ましてや買ったこともない、このアルコール飲料。
ちょっと大きめのショッピングセンターならあるかな、と見たら、ありました。
(なお、あとから見たら、近所のスーパーでも、それなりのものは売っておりました。)

フルボトルだと、さすがに独り飲みにはきついので、ミニボトル(200ml)というやつを購入。
全くの素人で、なにがなんだかわからないけれど、なんとなく聞き覚えあるかも、ということで、
モエ・エ・シャンドン、というものを選びました。

うちに帰って冷蔵庫で冷やし(本当は、ワインクーラーのようなおけに氷水で冷やすらしい)、さて。
コルク栓は飛び出さないように、ワイヤ固定されています。
ゆっくりとそれをはずし、さて。

むー、結構、堅くて開かない。
ものの本には、
「栓が飛ばないようナプキンなどで押さえ、ビンの底を持って回すようにすると、ガス圧で、コルク栓が持ち上がってきます」
と、な。

むー、そのような気配、全然なし。
夕食でいただくはずでしたが、
家族には、「あー、先に食べてていいから」とひとり、ボトルに念をこめるわたし。

格闘すること、10分以上。
ついに、ゴム手袋で手が滑らないようにして底を回すと、
おおお、ふわりと栓が持ち上がってきました。

やれやれ、と手近なグラスに注ぎ、やっとこさ、乾杯の儀となりました。

おめでとう、わたし。
おめでとう、シャンパン。

自分の手の温度で、なんだかぬるーい感じになってしまったシャンパンでしたが、
まあそれも、よし、ということで、ありました。

追記)全部飲まないとガスが抜けちゃうから、と、がんばって飲んだのですが、
後から考えたら、ワインストッパーみたいな栓をしておけば、よかったのでした。
あはははは。
by hao3chi1 | 2010-12-05 19:53 | 日記 | Trackback | Comments(8)