<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

デジカメは新しい方がいいのかしら

デジものフリークとして、未来永劫解決不能な命題があります。つまり、

電子機器は、最新のモノがいいのか?

ということ。
割と、「ものを大事に使う」とか「古くても工夫して使う」とかが好きなのですが、かつて、macで、漢字トーク7にこだわってて、非常にイタイ目にあった経験から、少なくとも、

パソコン系(含むiPhone, iPad、ソフト関係)については、新しければ新しいほどよい

という決定回路で、適宜買い換えております。
が、今ここで悩んでいるのは、デジカメ。
愛機は、リコーのCX-2、GR Digital Ⅱ、そしてペンタックスのWG-1です。
いずれも、既に「旧型」のモデルとなっております。
CXにいたっては、シリーズすら消滅しました(昨年末)。
3機種持ってますが、それぞれ、目的が違って、
GRD2は、「気持ちを撮る」用、
CX-2は、「ズーム」用、
WG-1は、「雨の日、海辺」用、となっております。

GRDについては、GRD3がちょっと大きかったために買い換えることを拒否、その流れでGRD4も、量販店で手にとっては棚に戻す、を繰り返しておりました。
WG-1については、元々、「新型更新」方向だったのですが、たまたま、アマゾンで買ったら不良品にあたり返品、現在に至るとなっています。

GRDシリーズは取りあえず存続するようですが、明日発売のGR。
魅力的な新機種です。
WGシリーズも3が出ていて、値段的にもお手頃なゾーンに入ってきました。

悩みますよね、こういう状況って。
今ある機種で、ものすごい不満があるわけではなく、逆に気に入って使っているワケなんですが、それでも、新製品のキャッチを読むと、
「むー。AFのスピードがあがったのか」
とか、
「おー。いろんな設定が可能になったのか」
とか、もろもろの「新機能」がぐぐっと迫ります。

新しいのを買えば、写真の腕が格段に上がるような幻覚もありますが、
そんなわけはないでしょ、という心の声も。
悩むなあ、悩む。
今あるのを使い倒してから、とは思っていますが、デジカメの方が長生きしたらどうしよう、などという心配もあり、この際、使ってみたいモノややってみたいコトは心残りなく、という気もするし。

... そういえば、オーブンもこんな感じで悩んでたような気もする...

こうして悩むのも楽しみのうちなのかもしれない、と思ったりして、毎日、アマゾンをチェックするのでありました。(なんじゃそりゃ。)
by hao3chi1 | 2013-05-23 22:15 | しゃしん | Trackback | Comments(2)

ちいさな電車の旅

ふと思い立って、電車に乗って出かけてみました。
行き先は、日光。
調べてみたら、意外と短時間で到着することがわかり、なあんだ、車で行って駐車場を探し回るよりずっと楽じゃない、ということで、おもむろに出発。
なんせ、急に思いついたもので、家を出たのはもう午後でした。

日光と言えば、東照宮、なんですが、とてもそこまで回る時間はなさそう。
まあ、日光駅前界隈をぶらぶらして、観光客気分を味わってみる、というのもおもしろかろう、と。

電車に揺られて1時間ほどで、現地到着。
新緑にわき上がる山を抜けて電車で進むのは気分爽快でした。

駅前は、名所旧跡観光地に典型的な食べ物屋、土産物屋などが建ち並んでいます。
鎌倉なんかと、ちょうど同じ感じです。
とはいえ、さすがに日光、山が近くて、空がきれいです。
c0001438_20501286.jpg

(CX-2で撮影:駅前通の街灯)

駅前の市街地マップに載っていたレストランで、遅いランチをとり、牧場ソフトを食べ、さらにクラフトショップ兼カフェでお茶したら、いい具合に日が暮れてきました。
半日足らずの、ちいさなお出かけでしたが、なんだかすっきりした気分で帰途につきました。
by hao3chi1 | 2013-05-05 20:57 | 日記 | Trackback | Comments(4)

『今日の空』なんどもなんども

ほぼ日で、かつて「写真がもっと好きになる」という連載がありました。
そこで、写真を教えて下さっていたのは菅原一剛さん。
その連載は同名の本にもなり、読むたび、もっと写真が撮りたくなります。

その一剛さんが、毎日一枚、その日の空を撮り、ウェブにアップしているものが、写真集になりました。
今日の空
今日の空

このほど、写真にはまるにあたり、この写真集を再度見返しております。

なにげなく、なんでもなく、切り取られた一瞬の空ですが、
その時々の光や音や、気持ちまでもが、かすかに聞こえてくるような写真です。
写真を撮った日時、場所は付記されていますが、その他の撮影データは一切なく、純粋に写真と向き合うことができます。

自分の感覚を映しこみ、見る人に伝えられる写真。
そんな写真を撮れたらいいなと思います。

お知らせ
by hao3chi1 | 2013-05-02 20:01 | ほん | Trackback | Comments(0)