<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

本と空間、のはなし

春です。
日差しは日ごとに明るくなり、「心機一転」「スタート」ということばが似つかわしい時期になりました。

こういう、勢いのある季節にこそ、日頃気になっているあれこれを片付けなくては。

あれこれのなかで、一番気になるのにもかかわらず、一番手がつかない、あれ。
大量の本と、空間確保、の件です。

いっそ、ごっそり捨ててしまえばすっきりするのに、といつも思うのですが、背表紙を見ると、そんな決意もどこへやら、へなへなと、「また読むし、読みだろうし」という思いに駆られて、結局、手つかず。
年に何回かは、「これはもう読まないだろう」という本を図書館に寄贈して減量を図っていますが、それ以上に、買ってしまうので、全体としては、全く減りません。
本と本の隙間で、勉強したりPC使ったりしてます。
(さすがに、地震大国にいるので、隙間で寝たり食べたりは危険すぎて控えています。)

本も本とて、気の毒な感じです。
本棚も、奥と手前の二段構えで本を詰め込んでいるため、奥に入れられた本は、「あったっけ?」と言う程度の存在感となっています。
(そのためか、買ったあとで、あれ、あったんだこの本、ということも、最近数回ありました.....まずい。)

そもそも、読もうと思って買った本で一度は読んだ本なので、それなりに魅力があるわけで、「これは全然いらない」というものは既に残ってないのです。
(もちろん、まだ読んでないのも結構あって、それはそれで、「これから読む予定」なので、読まずに処分できない.....)

うーん、困った。
ココロを鬼にして、絞り込んで処分するか、それとも本以外の諸々を絞り込んで処分するか。
なんとなく、後者になりそうですが.....
by hao3chi1 | 2014-03-16 16:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

まいにち、が一番身に合ってたはなし

啓蟄の頃を過ぎると、ごそごそとうごめき始める、語学虫ですが、
この春はなんと、ロシア語!
過去にも一度、黒田先生トークに惹かれて聴いた「かたつむり」のラジオ講座ですが、
それをまたぞろ、引っ張り出してきて、やっております。

初回挑戦時は1週間(つまり5回分)で頓挫しましたが、今度は、がんばってますよ、10回目(つまり2週間分)を突破しました。キリル文字も、半分以上は習ったし(覚えたし、というところまではいかない)。
もちろん、カタツムリ初級は、今は放送してないので、前回挑戦時に録音保存しておいたヤツを毎日1回分ずつ聴いております。
録音しておいたヤツなので、文字通り「まいにち」聴けます。
実際の放送だと、土日はやってないので、だいたいそこで気が抜けるのですが、「まいにち」聴けるので、習慣のように(あるいは惰性のように)、きっちり聴けております。

これが実は、私の場合、「継続の鍵」だったとは!
「かたつむり」をまいにち聴いてみて、予想外に続いているので、なんでだろうなあ、と考えてみたところ、行き当たりました。

そうです、「まいにち」聴くこと。

「まいにち」語学テキストを読む、というのも同じようですが、私にはうまく作用しないようで、語りかける先生がいて、練習するテキストなりスキットなりがあり、それがまた復習できるくらいの適度なボリュームで、まいにち、こつこつと積み上げていく、この気分の良さ。
これだわー、と、自分の「基礎英語時代」を思い出しつつ、再確認したのでありました。

「アンコールまいにち」のいいところは、(私がいうまでもないことですが)、全体像が眺められること。
かたつむりの初級編は120課あるのが最初の目次で出ているので、自分がどのへんまで聴いてきたのかをいつも確認できます。
これも、くじけないポイントかも。

カタツムリ中級編は既に録音してテキストも入手してあるので、来年度後半の上級編を録音すれば、カタツムリシリーズは全揃いです。
だからといって、私のロシア語が完成するわけではないのですが、ひとまず、登る山を地図上で決めた、というところでしょうか。

さしあたって、日常生活でロシア語を使う予定もないので、完全に、「趣味」ですが、これはこれで、未知のキリル文字でもあり、楽しく、ストレス解消にもなっております。
by hao3chi1 | 2014-03-09 16:57 | ことば | Trackback | Comments(2)