GRITで考える、語学上達のポイント

「やり抜く力」(アンジェラ・ダックワース著)を読んでいる。

正確には先ほど読み終わったのだけれど、もう一度最初から読み直している。


「努力できるのも才能のうち」ということについ最近気がつき、じゃあ、例えば「努力できるようになるにはどうしたらいいのだろう?」という問いを立て、それについての何かしらのヒントが得られれば、と思い、本書を手に取ったというわけである。


更にいえば、「努力してるけれど目標に到達しないのはなぜなのか?」というのも知りたかった。


2番目の問いについては、「努力が足りない」という容易な回答も思いつくけれど、そうではない方向からの解もあれば知りたかった。


最初の問いについては、本書の内容まるまる全部が関わることで、とても一読しただけで解説できるほど簡単なことではなさそう。


ただ、2番目については、手がかりになるようなエピソードが書いてあった。


それは、著者とエリクソン教授(「10年ルール」や「1万時間ルール」で知られる)との対話に出てくる内容である。


18歳の時から週に数回1時間のジョギングを続けているが、ちっとも速くならないのはなぜか(つまりもう何万時間も走っているのに上達がないのはなぜか)」と問う著者にエリクソン教授は質問をする。


「具体的なトレーニング目標はあるか?」


「目標のペースはあるか?距離はあるか?つまりランニングスキルの上達のために設定した具体的な目標を持っているか?」


「走っているとき、何を考えているか?」


「体系的な記録はつけているか?


「コーチについているか?」


その質問の結果、教授は次のような判断を告げる。


「あなたが上達しないのは、意図的な練習をしていないからだ。」


このくだりを読んで、真っ先に思い浮かべたのは、「語学の上達」である。


ポルトガル語については、ジーコ以来、もうずいぶんやっている割に、満足できるレベルには達してない。ジョギングのところに、ポルトガル語を代入すると、ほんとに、私の場合、その通り、になるのである。


上達しない理由がわかったところでのアドバイスは次の3つである。


1.ある一点に的を絞り、ストレッチ目標(高めの目標)を設定する。


2.しっかりと集中して、努力を惜しまずに、ストレッチ目標の達成を目指す。


3.改善すべき点がわかったあとは、うまくできるまで何度でも繰り返し練習する。


この3つが、つまり、「意図的な練習」なのである。


なるほど。


一項目に絞り込んで集中、反復練習、というわけですね。


たしかに、漠然とやっていても、あちこち取りこぼしだらけで、全体としての底上げにはなってない、というのは実感としてある。


腑に落ちるところがあるので、まずは、ポルトガル語の一項目をピックアップして、しばらくそこを攻めてみます。




最初の問いについての解は、再読終わった頃に、また書ければ、と思います。


# by hao3chi1 | 2017-01-27 08:00 | ことば | Trackback | Comments(0)

テレビロシア語講座のテキストが変わります!


NHK「テレビでロシア語」2・3月号をなんとか買ってきました。

残り1冊だったので、危ない、危ない。

このところ、ロシア語をやってみてはいますが、なかなかテレビまでは手が(目が)回らなくて、テキストを眺めているばかりですが、見るだけでも結構楽しめます。

テキスト本文よりは終わりの方の読者欄とか一口メモ的なコーナーが好きなので、そこから見ることもしばしば。


いつものようにお便りコーナーのすごい人たちのお話を読んでいたら、「お知らせ」が!

なんとなんと、


テキスト「テレビでロシア語」は、2017年3月発売号より発行形態が変わります。半年分の放送内容を1冊に収めて、3月、9月の年2回の発行となります。それに伴い定価も変更となりますので、ご了承ください。


うわー。ポルトガル語形式ですなあ。

年2回発行かあ、かなり寂しいですねえ。

しかも、4月からは今期のサンクトペテルブルグのやつの再放送。

となれば、ますます、フレッシュ感が乏しくなって、乾燥テキストになる予感。

ふた月分テキストで568円だから、半年分だとどうなるんだろう?

ラジオの方が、そんなことにならないことを祈ります。


ロシア語のテキストって、クロスワードがあったり、去年までは確か添削講座もあったり、相当な熱量のこもった力作だったので、作るのも大変だったとは思います。

NHKの語学講座は、やっぱり、多言語でわいわいやっててほしいと、こころから願います。


# by hao3chi1 | 2017-01-26 20:49 | ことば | Trackback | Comments(0)

ポメラDM200買いました!

新しくポメラを買った。
DM200という機種である。
c0001438_11212052.jpg

ずっと以前に使っていたのはDM20という機種だったので、一世代飛ばしての更新である。


そういえば、DM100が出たとき、買うかどうしようか、ずいぶん悩んだんだよなあ。

それで結局、そんなにはもう文字を書かないだろう、と思って、買うのをやめた気がする。

DM20にはずいぶんお世話になった。

今にして思えば、あの小さい画面と変換力で、書いてはQRコードに変換して送り、書いては変換して送り、を繰り返してたんだ。

当時にしては、それでも重いノートブックを持ち歩かなくてもどこでも書けたということが大変にうれしく、役に立ったのだ。

元は十分に取れるくらい使ったと思う。

その後は、iPhoneのフリック操作で間に合う程度の文字か、デスクトップ前に座り込んでの文章書き、くらいかのニーズしかなくて、思いついたときに適度な量の文を書きたいという気持ちもなくなって、最近まで過ごしてきた。

それがなんだか、このひと月ほど、無性に思っていることを書いておきたくなってしまった。


まあ、手書きでほぼ日手帳に書き留める、という手もあったのだけれど、あっちはあっちで日々の些末な連絡メモ帳になっているので、まぜこぜにしたくない気持ちが強かった。


フリックの達人でもないので、あれでちょこまか打ち込んでいるうちに、考えていることがどっかにいっちゃうこともあり、まとまって一気に、つまり、考えると同じ速度で文字化したいという希望があり、いろいろ考えた末に、ポメラ購入に至った。

今、こうして書いているわけだけど、本当に楽!

ほぼストレスなく文字化できる。うれしい!!


書いたものをwifiで飛ばしたりもできるということだけど、それ以前に、すらすら文字になるのがものすごーくうれしい。


機種自体は横長になり、ちょっと重くなり、むかーしむかーし、メール文化発祥の頃、NTTだかNECだか出してたよなあ、と思ったりもする。


とにもかくにも、大変満足している。

これで日々、思ったことをばしばし書き留めておくことにする。

いわゆる「ちらしの裏」レベルのことでも、とりあえず、書いておきたい気分なのである。


# by hao3chi1 | 2017-01-25 07:00 | エレクトリック | Trackback | Comments(0)

語学は楽しく!単語帳を作ってみた。

c0001438_15374422.jpg
ロシア語「カタツムリの初級編」もぼちぼちやっていたら、20課まで到達しました。
だいたいいつもこの辺りで挫折するので、ちょっとお楽しみを入れてみることにしました。

といっても、たまたま文具店で見かけて気に入って買ってきた単語ノートを使ってみる、というだけのことですが。
今まであまり単語帳などは作ったことがないのですが、たまたま手元に文具店で買った単語ノートがあったので、使ってみることにしました。

まあ、まいにちキリル文字が終わったら、まいにち単語になったので、やってみる気になった、という面もあります。

今回使ってみたのは、LIHITさんから出ているTWIST WORD NOTEというものですが、これが良くできていて、作業が実に楽しいのです。
ルーズリーフ形式のノートなのですが、これが1ページが5枚のカードに点線できりとれます。ノート自体は方眼になっていて、キリル文字のような大小形の難しいものにはとても書きやすくなっています。
通常の単語帳だと1回に1単語しか目に入りませんが、これだと一気に5単語が出てきますので、効率アップできそう。
しかもルーズリーフ形式なので、入れ替えが自由!
父と母、砂糖とミルク、など、黒田先生オススメの「対にして覚える」ができます。
1枚のカードにかなりスペースがあるので、イラストも描けます。

パラパラみているだけでも楽しめます。

道楽のつもりで、寄り道しながら、の、ロシア語。
のんびりと今年はなんとか初級編は終わらせたいなあ、と思っています。

# by hao3chi1 | 2017-01-14 15:40 | ことば | Trackback | Comments(0)

2017年、今年も趣味は語学

明けましておめでとうございます。
というには、ちょっと日が経っておりますが、
今年もよしなによろしくお願いいたします。

さて、お正月休み、何をして過ごそうかなとひと思案しまして、
そうだそうだ、夏休みにやってから、すっかり放置で忘れ放題になっている、あれをやりましょう、
となりました。

それは、

ロシア語。

使うのはもちろん、敬愛する黒田龍之介先生の「かたつむり初級編」です。
夏には、キリル文字を一通り終わるか終わらないかあたりで、終わっちゃったんですよね.....
冬になると、ロシアのスケーターの方々をテレビなどでお見かけすることも多く、そのたびに、

やっぱり、わかるようになりたい!!

と切実に思うようになり、今年はこれで語学はじめ、ということになりました。

いいですわねー、キリル文字。
自分で書いていても、本当に、楽しい文字たち。
なんといっても、「かたつむり」なので、忘れることもいとわず、繰り返し繰り返し、ほとんど本返し縫いのスピードで、進んでおります。
このたび、やっとこさ、キリル文字編を終了し、「わたしの」「あなたの」にはいりました。
もうホント、趣味なので、キリキリしないで、楽しく録音を聞いてます。
一応、かたつむりの中級も上級も保存してあるので、いつの日にか、聞きたいと思ってます。

もちろん、リアルタイムでやってるロシア語講座も興味津々ではありますが、そこまで時間が許さず、それはまたそのうちに、ということになりそうです。





# by hao3chi1 | 2017-01-11 07:00 | ことば | Trackback | Comments(0)

ルイ・ヴィトンのエキシビションで旅を考える

ブランド物にはさしたる興味のない私ですが、「旅するルイ・ヴィトン」展の広告に心動きまして、会期終了間際ですが、行ってみてきました。
c0001438_2135057.jpg


このエキシビションではルイ・ヴィトン創生期の製品から今日のファッションブランドとしての数々に至るまでを一眸できるのと同時に、
ヨーロッパでの「旅」とはどういうものであったのか、をうかがい知ることのできる内容となっています。

c0001438_21175348.jpg


ハコ好きな方なら血が沸騰するかもしれないくらい、魅力的なトランクがテーマに沿って展示されています。
もうほとんどタンスですよね、というような大きなトランクもあり、解説を読めば、当時の旅行(主として船旅)ではこうした大きなトランクを15,6個も積み込んで出かけた、とのこと。
日本で言えば、江戸時代の大名行列、に匹敵するような荷物だったのでしょうか。

おそらく庶民はこんな大がかりな旅行には出かけなかったのでしょうが、それにしても、旅行というもののとらえ方の違いをはっきりと感じました。
つまり、大トランク旅行では、毎日の(豪華な)生活を続けるために、服やら道具やらをぱんぱんに詰め込んで出かけます。
一方、たとえば、日本の浮世絵で描かれているような旅人は、本当に柳行李ひとつで目的地に向かいます。
日常を盛り込んだ旅行と、潔く非日常と割り切る旅。

本棚に机まで付いたトランクやお化粧道具が整然とはめ込まれたバッグを見ながら、そんなことを考えていたエキシビションでした。
# by hao3chi1 | 2016-06-11 21:19 | アート | Trackback | Comments(2)

積ん読を整理する

本との出会いは一期一会、と思っているので、
書店、amazonいずれでも見かけたときに、あ、と感じればすぐに買って手元に置くことにしてます。
齋藤孝先生のおっしゃるように、「買ってすぐ読む」ができれば最高ですが、なかなかそうもいかず、
部屋の本棚やら床やらに積み上がっていきます。
(一日本だけ読んでても生活に支障を来さなかった子供の頃が懐かしく、うらやましい。)

積ん読も読書の一形態、などと粋がってましたが、
ふと我に返れば、

もしかして、一生の内に、全部読めなかったりして.....

という不安がもくもくとわき上がってきました。
朝から晩まで座りっぱなしで読書三昧、などという余裕ある生活ではないので、
積ん読本の分量を1日に読書に費やせる時間で割り算してみなくても、明らかに、

無理かも、という結論に。

ある程度、割り切って、積ん読本や既読本を整理しなくてはと思い至りました。
買ったときには興味あったけど今は時間を割いてまでは読む気がしない本、
目次だけでいいかな、と言う本、
ぱらぱらとめくるだけで、もういいや、という本、などなど。

ありがたくも齋藤先生は「最初から最後まで読み切らなくても、読書完了でok」というようなことも書いておられますので、それに従って、本当に読みたいと、今、思う本だけ残そうと思っています。

これで少しは本棚が落ち着いてくれるかな。

とは言え、ええ、言うまでもなく、ゴガク本は聖域なので、捨てられません(これが実にいっぱいあるのですが)。
# by hao3chi1 | 2016-05-31 20:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ドアノー写真展

ライカギャラリー東京にて開催中の、「ロベール・ドアノー写真展」に行ってきました。

JR有楽町駅を下りてほど近く、銀座の一角にライカギャラリー東京はありました。

写真びと憧れの、ライカショップ!
ちょっとドキドキしながら、ドアを押し、
さりげなく展示してある、かっこいいライカをちらちら見つつ、2階にあるギャラリーへ。

ライカを買いに来たわけではないので、ショップの人と言葉を交わすことなく、静かに階段を上がります。

と、そこに、憧れのドアノーの写真が。
有名な「パリ市庁舎前のキス」は展示されていませんが、モノクロのパリの光景をすくいとった写真たち。
なにげないスナップショットですが、心にじんわりと広がるものを感じます。

アンリ・カルティエも好きな私は、やはりドアノーの写真にもとても魅力を感じます。
いいなあ、すてき。

ショップのギャラリーなので、ポストカードや図録の販売もありませんでした。少し残念(仕方ないですが。)
その分、しっかりと目に焼き付けて、ギャラリーを後にしました。

三菱一号館あたりでドアノーやってくださらないかしら?
とてもおしゃれに決まると思うのですが。
# by hao3chi1 | 2016-05-10 18:07 | しゃしん | Trackback | Comments(0)

比類なき美しさに圧倒される

「もう、うちのタンスをひっくり返して、全部捨ててしまいたい」
と思うほどの、衝撃を受けた、オートクチュール展
c0001438_21352591.jpg


なんという美しさ、なんという濃厚さ。
人の手の織りなす緻密な美。
パリのデザイナーたちが作り上げた服は、「衣装」という枠を越えて、絵画であり、彫像であり、音楽であり、そして身体性を帯びた芸術の域に達していました。
c0001438_21504453.jpg



三菱一号館美術館の展示テーマは「新しい私に出会う」。

とりあえず、の服ではなく、他の誰でもない私であるためにまとう服を選びたい。
# by hao3chi1 | 2016-05-02 21:55 | | Trackback | Comments(0)

GWをGogaku Weekにする!

いよいよ、ゴールデンウィークです。

例年、ここで語学を張り切る、ということはないのですが、るもんがさんの記事に触発されまして、ここはひとつ、語学三昧といくか、などと思い立ちました。

4月からの語学講座録音を聴き直す、というのも考えましたが、ちょっと分量が物足りない気もします。
ポルトガル語講座1か月分はたった4回ですから、気合いが空回りしそうです。
ロシア語講座だと、もうちょっとありそうですが、ずっと気になっていた、かたつむりを聴けるだけ聴く、というのをやってみようかと思っています。
過去を振り返れば、黒田先生のまったりとした口調につられて、まったりと1回ずつ聴いていたら気がついたらフェードアウトしていた、ということが多々あり、結局、アルファベットの最後まで行き着いていない、のです。
今季のロシア語講座を聴きつつ、その苦い過去を思い出し、その辺をすっきりさせるためにも、いつかやっとかなきゃなあ、でも平行して聴くのは時間的にもなかなか厳しいよな、と思っていたのでした。
せいぜい10日足らずで、その他、家族の用事などもあり、どこまで時間が取れるかは未知数ですが、せっかく思いついたので、ひとまず、今年のGWはゴガクってみようと企んでます。
# by hao3chi1 | 2016-04-28 20:44 | ことば | Trackback | Comments(0)