Gakken Flexで撮ってみました

「大人の科学」付録2眼レフは、Gakken Flexという名前で呼ばれています。
1本目は、フィルム送りが悪く、数枚しか撮影できませんでした。
今回は、裏蓋に、フィルム押さえを貼り付け、撮ってみました。
すると、フィルム送りもスムーズになり、27枚撮りフィルムで28枚撮影できました。

こんな感じで撮れます。(そのまんま載せますので、大きなサイズです。ごめんなさーい。)
c0001438_21424890.jpg


トイカメラらしく、四隅がぼんやりと暗くなってますね。
でもなんとなく、そこに愛着が生まれて、なぜだかまた撮影したくなるカメラです。
なんていうんでしょ、撮るのが楽しい、という感じ。
「ちゃんと撮れてるんだかどうだか、現像してみないとわかんないぞ」という不確かさが魅力。

ピントも甘くなりがちなのは、ウデのせいもあるのですが、
そんなこんなも一切合切、楽しんで撮っております。
by hao3chi1 | 2009-11-28 21:47 | しゃしん | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://haobuhao.exblog.jp/tb/13090623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukun2008 at 2009-11-29 07:52
おはようございます♪
Gakken Flexですか~!前ボケと四隅が丸くなっているところが、何か子供の頃に望遠鏡で道行く野良猫を追った時のような写真ですね(笑)
haoさんのブログで写真を拝見するのはこれが初めてだと思います♪
どんどん楽しいお写真も載せて下さいね~。
Commented by hao3chi1 at 2009-11-29 08:08
yukunさん、そうですー、初公開です。絶対に四隅まではぴちっと撮れない、というのが、おもしろいでしょー。いわゆる「ゆる写真」ですが、リクエストがあればまた載せますよ〜〜。「いい写真とは何か」というのがピントが合っている、というのではなくなってきている自分に気づいています。
Commented by nihaoperio at 2009-11-29 08:11
はおさん、素敵ですーーー!
こういう感じの写真大好きです。
そうそう、ピントが合っている=良い写真、ではないってわかります。
すごーーく昔(小学生の頃)「科学と学習」の付録についていたカメラを組み立てて、初めて撮った写真の感動を思い出しました!
Commented by hao3chi1 at 2009-11-29 10:49
ぺりおさまー、お褒めいただきありがとうございます〜。わーい。
そうそう、学研の「科学」の付録にありましたねえ。確か、現像セットもついていたような記憶が。「使える」自作カメラとして、大推薦です。ぺりおさまも是非おひとついかがでしょう。(これで、例のこわーいブツを撮ると、相当な迫力ではないか、と。)
Commented by gilko at 2009-12-05 12:06
遅くなりましたが、写真が載るのを待っていましたよ~!!
いつもはPHSでおじゃましているので、画像はOFFにしてあるのですが、こうやってPCで実際のhaoさんの作品が見られるのは嬉しいです。

写真って楽しいですよね~。私はいっつも小さいデジカメを持ち歩いて、毎日何かしら撮るようにしていますが、自己満足とその場の思い出を残しておきたいだけです。益々本格的になってきたhaoさんのカメラlifeが楽しみです!!
Commented by hao3chi1 at 2009-12-06 21:07
gilkoさま、ありがとうございます〜。作品というほどのものではないんですが、作例、ということで...年中毎日、写真撮りたい気分なのですが、なかなかそうもいかず、残念です。また、撮れたら載せますね。
<< 12月! 本棚 >>