ほぼ毎日ほぼ日生活:ほぼ日手帳2014発売!

ほぼ日が1年で一番賑わうと言われる、9月1日。
そして、この日を境に、ほぼ毎日ほぼ日生活者(わたしのこと)の収支がぐぐっとレッドゾーンに振り切れる日。
それは、ほぼ日手帳&カレンダー発売日です。

カレンダーについてはまた、別に語るとして。

そう、ほぼ日手帳です。ことしはなんと、4タイプ、95種類であります。
どれにしました?

今年は柄系にぐっと来るモノがなく、無地で無難に暮らすか、と思っていたところ。
来ましたね−、カバーオンカバーの、柄モノ。
ほぼ日のかっぱさんこと、福田利之画伯の"cat cat cat!"と"decorate"!
無地にかぶせたらこれは素敵な感じになると確信、"decorate"に決めて、「カートに入れる」!
これまで、カバーは普通のモノをそのまま使ってましたが、今年はこれで、楽しんでみます。

私の場合、ほぼ手ガイド(『ほぼ日手帳公式ガイドブック』)に掲載されているみなさんのような、美的な使い方は全然できなくて、その日のTODOとか、買い物メモとか、日程覚え書きとか、といった、実用オンリーなことしか書いていません。
1日1ページのメリットを、365日たっぷり生かし切っている、ということもないですし、写真を貼ることもしないので、「こんなに分厚いほぼ日手帳」になったことは未だにないです。それどころか、1年も後半になると、「終わった季節のはなくてもいいかもなー」と思ったりもします。
どこへ行くにも、ほぼ日手帳は「とりあえず持って行く」ので、デフォルトの重さでさえ、「鞄が重いのはこの手帳のせいだ−」とこぼしたくなることもあります。

客観的に考えて、この手帳よりもっと優れたものは世の中にたくさんあると思います。でも、
それでもなお、この手帳を、9月1日に買ってしまうのはなぜか?

ほぼ日が好きだから。

「カートに入れる」は、お布施とかdonationに近いです。(以前、ほぼ日ツイッターお客様相談室で聞いたところ、ほぼ日ストアの売り上げは、そのまま、乗組員の方々のお給料に反映されるとか。)
「ほぼ日勝手にファンクラブ」会員証、すなわち、ほぼ日手帳、でしょうか。

そういうわけで、この秋冬も間違いなく、ほぼ日ビンボー生活(ただし気持ちはハッピー)が約束された、昨日の「カートに入れる」でありました。

追記)福田画伯のデコラティブなカバー買ったので、来年こそは、がんばって、デコラティブな手帳にしてみようかと、ちょっとだけ、思ってみてます。スタンプも買ってみたし。
by hao3chi1 | 2013-09-02 20:30 | ほぼ日 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://haobuhao.exblog.jp/tb/20690867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nihaoperio at 2013-09-03 10:27
はおさま、こんにちは。
もう買われたのですね!
私は、この前の日曜日に歴代のほぼ日を出してみまして(7年分くらい)、その中で新品同様の2011年のカバーにちょっと惹かれちゃいました。
あの年は震災以降手帳をつける気にならず、ずっとしまいこんでいたので・・
来年度はそれにするかも。色もちょうど買おうかな、と思ってた黄色ベースなのも気に入りました。
とはいえ、あの模様のカバーも気になるしなあ・・とただ今楽しく悩み中です。
Commented by hao3chi1 at 2013-09-03 11:51
ぺりさまなら、cat cat cat! の一択ですよー(と押し売る。手帳本体だけ買って、カバーは気に入っているのを毎年使う、という方もいますよ。アンリさんのカバーなどはそういう使い方でokですし(実は、2度の抽選チャレンジでget済みだったりする。でも、毎年、新しいカバーは買う私。)
セレクト文房具も、見るだけで楽しいです。ハンコ系は、amazonでは扱ってないものが多いので、「カートに入れる」しかないですよー。
Commented by nihaoperio at 2013-09-03 19:29
か、買っちゃいました・・・cat cat cat!
黄色い無地とセットで。はあはあ。(興奮気味)
ポテンバッグも楽しみです〜♪
Commented by hao3chi1 at 2013-09-03 21:28
おおお、「カートに入れる」押しましたね!黄色無地とセット!私は、つばきにしましたよ〜。なかま、なか〜ま。コレで来年も、ほぼ日仲間ですね〜!
cat cat cat!、可愛いですよね−。カバーオンカバーなので、下にいろんなものを入れて工夫するのも楽しみ。
<< 秋の恒例、紅玉リンゴジャムづくり 今年も後半戦に突入! >>