人気ブログランキング |

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

三菱一号館美術館で開催中の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」に行ってきました。
c0001438_09193395.jpg
三菱一号館入り口の案内

今回の展覧会は印象派のコレクションで、セザンヌやマネほか、静かな落ち着いた感じの作品が並んでいます。
印象派は、日本の浮世絵の影響も受けていて、そのせいか、どこか懐かしい感じすら覚えます。
本当に、どこかのおうちの居間に飾られて、家族の談笑を暖かく見守っているような風情の絵の数々。
見る者の気持ちをほっとさせる展覧会でした。

平日であったせいか混雑もなく、ゆっくりと、途中で休みながら鑑賞できました。
三菱一号館は、東京駅近傍にあって、そこだけぽっかりと別の時間が流れているような空間です。
中庭には木陰で休む人たちやテラスカフェがあり、とってもおしゃれ。
印象派の絵はフランスの各地を題材にしたものが多かったせいか、小粋な空気が満ちているように思いました。

by hao3chi1 | 2015-05-01 09:32 | アート | Comments(2)
Commented by happy-smile-frog at 2015-05-03 21:01
オサレな感じでステキですね。

カエル
Commented by hao3chi1 at 2015-05-04 21:46
カエルちゃま、こんにちは。
印象派の絵に癒されたひとときでした。
<< 尾形光琳300年忌記念特別展「... NHKポルトガル語入門1か月聞... >>