比類なき美しさに圧倒される

「もう、うちのタンスをひっくり返して、全部捨ててしまいたい」
と思うほどの、衝撃を受けた、オートクチュール展
c0001438_21352591.jpg


なんという美しさ、なんという濃厚さ。
人の手の織りなす緻密な美。
パリのデザイナーたちが作り上げた服は、「衣装」という枠を越えて、絵画であり、彫像であり、音楽であり、そして身体性を帯びた芸術の域に達していました。
c0001438_21504453.jpg



三菱一号館美術館の展示テーマは「新しい私に出会う」。

とりあえず、の服ではなく、他の誰でもない私であるためにまとう服を選びたい。
by hao3chi1 | 2016-05-02 21:55 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://haobuhao.exblog.jp/tb/25569026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ドアノー写真展 GWをGogaku Weekにする! >>