『人生を豊かにする学び方』(汐見稔幸著)にまなぶ

ちくまプリマー新書というのは、中高生を対象とした新書シリーズなのですが、
相当昔「中高生」だった世代にも、なかなか読ませる内容が多く、
それでいて、ツウぶらず、さらに話題性を狙ったりもせず、オーソドックスだけどきらっと光るラインナップで、
私は好きです。

そんなシリーズが並ぶ本屋の本棚で見つけてきたのはこちら。


NHK「すくすく子育て」でいつも温かいまなざしで見守って下さる汐見先生の本です。
帯には「学生も大人も!」一生役に立つ学び方とあります。

主として、受験勉強や人生に悩む年頃の皆さんに向けて語られておりますが、
「生涯イチ学習者」の語学フリークにも大変心支えられる内容です。
たとえば、「学ぶ」というところに「語学を」を補って読むと、本当にぴったりきます。

学生さん向けに勉強のやり方も書かれていますが、
これが、いわゆる「ハウツーもの」のような押しの強い書き方ではないのがいいですね。
取り立てて目新しい技はないのですが、
要は子育てのごとく、「肩肘張らずに自然体で、好きなように」ということが根底に流れています。

最終章に書かれている、「学び」の三段階は、初めて知った内容ですが、これはぐっときました。
つまり、
「端緒知」「実践知」「人格知」
の三段階。
知って、深めて、物の見方も変わっていく。
「学び」の醍醐味ここにあり、と感じました。



by hao3chi1 | 2017-10-12 18:04 | ほん | Comments(0)
<< 「大人のためのロシア語」いいじゃん! 『60歳からの外国語修行』(青... >>