「大人のため」、そのこころは?

語学講座でも語学テキストでも、講師の先生の巻頭言はいつも読むようにしています。
そこには、レッスンを貫く、講師の思いが、講師の言葉で語られているからです。

今回の、ロシア語入門編の「大人のためのロシア語」も、ぐっとくることが書かれております。

外国語の入門レッスンというと、あいさつや自己紹介に始まり、お天気の話やお店での会話、レッスンが少し進んでも、せいぜい道案内や観光名所の説明、というのが通り相場。(まいにちロシア語2017年10月号8ページより引用)

おおおお、痛いところを突いてきますね。その通りです。旅のなんちゃら会話、に終始することが多いですよね。

聴いて楽しいだけなら、落語か漫才を聴いた方がよっぽど気分転換になるはず。(同上)

その通り過ぎて、もう笑うしかない。

けれども、ラジオをお聞きの皆さん、周りにロシアの方がたくさんいらしたり、すぐにロシアへ旅行をされるという方、そんなにいらっしゃいませんよね。そうしたら、せっかくあいさつができても、自己紹介ができても、ラジオの前で繰り返すだけ。ちょっと空しいですね。(同上)

さらに、ぐいぐい来ますね。自己紹介あたりで満足している頭に、びしゃあっと冷水をぶっかけてくる感じ。目を覚ませ、と。
このあたりは、かつてのポルトガル語短期講座で過去形を出してきた武田千香先生に近い香りがします。
(「過去形ができなかったら、昨日の話もできないじゃないですか!」)

それで、

周りにロシアの人がいなくても、旅行の予定がなくても、(同上)

勉強する意義を見せてあげましょう、この「大人のための」ロシア語講座で(←意訳)、となるのです。

これは、ロシア語に限らず、たとえば、ポルトガル語の学習に置き換えても、そうだよなあ、と。
周りにブラジルの人がいなくても、旅行の予定がなくても、そう、「大人のための」ポルトガル語学習。
いいですね、この感じ。

入門というくくりのなかでぐるぐるしがちなのですが、一度、冷静になって、なんでやってんのか、を考えてみること。
そこから、自分の勉強を定義し直して、ターゲットを新たに決めてみること。

今回の巻頭言で気がついたことでした。




by hao3chi1 | 2017-10-21 14:40 | ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://haobuhao.exblog.jp/tb/28085803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 語学好き感涙!『風雲児たち〜蘭... 「大人のためのロシア語」いいじゃん! >>