ウエッジウッドのオレンジペコ

レピシエのmorning teaを飲み尽くしてしまい、
もらいもののオレンジペコでミルクティ。

思えば、
紅茶なんてリーフでいれだしたのはごく最近で、
それまではティーバッグだったのよね。
沸かしたてのお湯でいれれば、
風味も味も問題ない。
問題ないどころか、
ことによるとリーフティより安定しておいしくいれられるような。

まあ、失敗なくおいしいお茶を楽しめるブレンドに仕上がってるんだろうなあ。

子供の頃は
トワイニングの紅茶が定番で、
それも、なんだか、セットで缶に詰められたやつを、
どれにしようか、なんて選んで飲んでいた。
エリザベスかヴィクトリアかわからないけど女王様の顔を見ながら、
アールグレイなんかは子供の手におえなくて、
大好きだったのは、オレンジペコだった。

今朝もやっぱりオレンジペコ。
レピシエにオレンジペコなんて銘柄はなさそうで、
最初、買いに行ったときにはちょっと寂しかった。
確か、オレンジペコってブレンド名、というよりは、茶葉の大きさとかの種類だったような。
いやいや、覚え間違いかもしれないな、
だって、名前がかわいすぎるものね。

でも、どうして、オレンジ入ってないのに、オレンジなんだろう。
子供の頃からの疑問。
トワイニングのパッケージはオレンジ色で、
「だからオレンジペコかー」なんて子供心には思ってたけど、
それは逆で、オレンジペコだからオレンジパッケージだったんだろうなあ。
by hao3chi1 | 2004-12-10 09:19 | お茶
<< Happy Returns メリー・クリスマス・ケーキ >>