<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

モバイルSUICA

日頃あまり電車に乗ることはないので、
これまでSUICAカードなどは利用したことがありませんでした。
が、なんとなく、携帯電話で電車に乗れる、モバイルSUICAは興味があって、
携帯を替えたときに使えるようにしていました。
でもなんとなく、半信半疑で、本当にこれで電車に乗れたりするのかな〜、
(乗れなくちゃ困るけど)
と心配で、ずっと使っていませんでした。
昨日、JRに乗る機会があり、ダメでもともとだわ、と改札のところでピッ。
まずは入場券分の料金が差し引かれた表示。
なんだあ、簡単じゃない。
今度は降りるときに、またピッ。
最終的には乗車運賃分が差し引かれました。
券売機に並んで、料金マップを見上げながら、切符を買う手間がないのは、
急いでいるときには特に便利ですね。
ついでに、キオスクでお弁当も買ってみました。
わ、簡単。

今更こんなことに驚いているなんて、かなり時代とずれていますが、
私なりに新しいことにチャレンジして楽しかったです。
by hao3chi1 | 2006-07-08 06:20 | エレクトリック

トルコはヨーロッパ

ジーコがトルコのクラブの監督に就任。
それに従って、ZICO NA REDEのカテゴリーも
Conexão Japan からConexão Europaに変更になりました。
サイトの使用言語はポルトガル語、英語、日本語で変わりありませんが、
そのうちトルコ語になっちゃうのかしら。
日本語はニフティがやっているようですから、
今後、ニフが手を引けば、自然に消滅するかもしれませんね。
元サイトはポル語で、それをスタッフが他言語に翻訳しているようです。
(updateはポル語が一番早いので。)
英訳はたぶん現地スタッフなのか、ちょっと荒削り。
和訳は非常に厳密にできていて、私にはとても役に立ちます。
(ただし、公式通訳の鈴木さんの訳ではないと思いますが。ことばのこなれ方がね)

ジーコはかねがね「ヨーロッパのクラブで監督をやりたい」と言っていたので、
てっきり、イタリア、フランス、オランダなどなどを思い浮かべていたのですが、
そっか、トルコもヨーロッパなんだ。
イメージとしてはなんとなく、中東という感じを抱いていたので意外でした。
ローマ帝国の範囲をヨーロッパとすれば(となると北アフリカも入っちゃいますが)
トルコはその範疇、ということでしょうか。
by hao3chi1 | 2006-07-07 05:47 | 日記

だしをとる

有元葉子さんの本を読んで以来、
インスタントだしはなるべくやめて、
自分でだしをとるようにしています。
煮干しだしはそれほど手間じゃなくできるのですが、
かつおだしはやっぱり大変です。
本には「時間のあるときにたくさん取っておきましょう」とありますが、
鍋一杯作ったつもりでも、みそ汁2−3回分くらいになってしまい、
あまり楽になった気がしません。
煮物のだしに煮干しは合わないので、どうしようかなと思っていたところ、
「野崎さんのだしポット」を思い出しました。
こんぶとかつおぶしを入れてお湯をじゃーで1分でいいおだし、
本当かなあ、と思いつつ、ものはためしで買って使ってみました。
予想外に、いいおだし。
みそ汁はたしかにおいしくできます。
その他、煮物系にも大丈夫です。
そのまま飲んでもおいしい、とありましたが、これはまあ好きずきか、と。
楽しておいしく、にはぴったりでした。
by hao3chi1 | 2006-07-06 06:26 | 食べるもの

佐藤錦

去年はあまり見かけなくて、見かけてもとても高価でしたが、
今年はどうも豊作らしく、
スーパーの店頭にずらりと並ぶサクランボ、佐藤錦。
先週は特価で1パック298円!
びっくりの安さで思わず買ってきて、すぐ食べました。
1年ぶりのサクランボ、甘くておいしい。
あっという間に1パック食べきってしまいました。
今週は398円でしたが、もちろん買ってきて、ぱくぱく。
ほんの数週間しか出回らないので急いで食べなくちゃ、です。
サクランボといえば、佐藤錦の前にアメリカンチェリーも出ますが、
こちらはちょっと苦手。
焼き菓子に入れればいいのかもしれませんが、
まだパイ系は作ったことないので不明です。
by hao3chi1 | 2006-07-05 06:07 | 食べるもの

ポルトガル語の辞書さがし

なかなかコレ一冊でばっちり、という辞書に巡り会うのは
至難の業なのかもしれません。
英語については、
これまでの英語歴から数冊に絞り込まれていて、
それぞれ改訂されるたびに買い換えてきました。
問題は、今やっているポルトガル語辞書。
白水社の現代ポルトガル語辞典がなかなか使い勝手がよいのですが、
もうちょっと例文が増えるといいな、とか、
訳語がこなれてるといいな、と思います。
なんだかんだで一番使えてるのは、最初にamazon USで買った、
Collins Gem Portuguese Dictionaryです。
これは、English-Portuguese, Portuguese-Englishが一冊になった、
非常にコンパクトなポケット版ですが、
結構実力のある辞書です。
ポル語作文をするときには、まず英訳してみて、
それからこれにあたって、ポル語を見つけてきています。
ただポケット版ですから、活用表とか文法解説はありません。
今度、卓上版を探してみようかな、と思っているところです。
by hao3chi1 | 2006-07-04 07:49 | ことば

TALK NOW! はじめてのブラジル(ポルトガル)語

ずっと前に買ってきて、すっかり忘れていました。
インフィニシスのTALK NOW!シリーズのブラポル語ソフトです
ふとしたことで発見し、早速、視聴してみました。
語学学習ソフトは初めてですが、
意外におもしろくてはまりそうです。
初級者向けなので簡単な単語やあいさつが収録されていますが、
ボキャブラリー不足の私にはぴったり。
ただ、単語には定冠詞がついていないので、その点はちょっと不満。
できたら、oとかaとかつけて覚えたいので。

ともあれ、ミニテストもついていますし、
内容も結構盛りだくさんです。
シリーズにはiPod用ソフトもありますが、
残念なことにブラポル語はまだのようです。
(広東語はあったのにね〜)

飽きずに勉強する手段は今や山ほどあるのね、と思ったのでした。
by hao3chi1 | 2006-07-03 06:30 | ことば

かき氷

まだ梅雨もあけないというのに、
本当に暑くて、ぐったりしてしまいます。
クーラーもいいけど、こういうときには中から冷やそうか、と。

かき氷。

このほど、かき氷マシーン(アイスロボ)を買いましたので、
早速、かき氷を作ってみました。
昔は手回しでゴリゴリやっていましたが、今や電動。
冷凍庫の角氷を何個か入れて、ぶいーん、でできあがり。
シロップは、例の梅シロップで、あとはコンデンスミルク。

かき氷なんて久しぶり。特にうちで食べるのは子供の頃以来かも。
アイスクリームとは違う清涼感で、日本を感じますね。
あまりにおいしく楽しくて、ついついおかわりしました。
by hao3chi1 | 2006-07-02 06:17 | 食べるもの

梅ジャム

梅シロップができあがり、
そこに漬かっていた梅をジャムにしてみました。
(参考:きょうの料理6月号テキスト)
既に十分柔らかくなっていた梅ですが、
もう一度お鍋でぐつぐつ煮た後、種を取ります。
フードプロセッサーにかけたあと、
取り出した果肉部分の重さを量り、
半量のグラニュー糖を入れて、再び加熱。
煮詰まったところで完成、です。

イチゴジャムになじんだ目には、
なんだこりゃ、の怪しい色合いのジャムになったので、
味の方は全く期待せず、
残務整理みたいな気持ちでパンに塗り一口。

あらら、おいしいじゃない。
皮部分のぷちぷちした食感が残っていて、
梅のさっぱりした味とぴったりで、おいしい。
見た目は本当に、金山寺みそのようでして、
私以外、誰もほしがらないジャムですが、
密かにはまって、毎朝食べております。
来年も作らなくっちゃ。

ジャムって季節の果物で作るので、
まさに「自家製限定品」ですね。
四季折々の楽しみをこんなところにも見つけたのでありました。
by hao3chi1 | 2006-07-01 05:54 | 食べるもの