<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

チョコレート

ちょっとがんばりすぎたせいか、
先週はとうとう熱を出してしまいました。
今はもうすっかりいいのですが、朝起きるのが6時になってしまいました。
やりたいことが6時だと、少し削られますね。
ただ健康第一なので、しばらくは体優先しようかと思っています。

そういう疲れ目のときには、チョコレートをひとつ。
ロイズのチョコレートセットを一箱買ってきて、
毎日、ちょこっと食べております。
甘いものって、やっぱり、ハッピーですわね。
食べた分だけ動かなくてはなりませんが、それもそんなに苦にならないほど、
ちょっとだけの甘みって、楽しみになります。
ロイズ提案の「ココアにチョコレートを入れてみて」というのも、
本当に寒くて、心底疲れたときには,効きます。
元気ありありのときには、甘すぎるのですが。
by hao3chi1 | 2006-11-23 16:43 | 食べるもの | Trackback | Comments(5)

熱帯魚がやってきた

手当の甲斐もなく、3代目金魚がお星様になってしまいました。
ここ1週間、動きが悪く、とても具合悪そうでした。
亡くなる前日、いつも人目に触れないところでじっとしていたのに、
なぜだか、水槽の前面にでてきて、
そこでじっとこちらを見ておりましたので、
「これは別れを告げにきたのに違いない」と直感。
(死にそうなときは、目で「モウダメ」と訴えます。)
目と目で会話し、翌朝、お空に昇っていきました。

傷心のまま鑑賞魚ショップを訪れ、
そこのおばさまに勧められるまま、今回は熱帯魚飼育に挑戦することに。
曰く、
「体が小さいだけ、フンも少なく、手入れが簡単」
「丈夫で死なない」
「見てきれい」
などなど。
グッピーとネオンテトラ、それに熱帯魚用ヒーターもろもろで、
またまた出費。
生き物を飼うって、お金との相談なのね、とため息。

ともかく、うちに熱帯魚が来ました。
率直に言うと、やはり金魚の方がかわいい。
というか、かわいげがあります。
熱帯魚って、なんというかヒトに対して非常にクールで、
なんか視線が合いません。(特にネオンテトラ。)
魚が小さすぎて、彼らの視界からヒトがはみ出している、
という可能性はありますけど。
by hao3chi1 | 2006-11-12 07:04 | 生き物 | Trackback(1) | Comments(6)

サバに挑戦

父がサバ嫌いであったため、うちの食卓にサバが並んだことは、
私の記憶する限り、一度もなく、
そのため、どうもサバには手を出しづらいところがありました。
行きつけのスーパーのお魚コーナーには、
いつもいつも、ぷりっと太ったサバが寝っ転がっており、
非常に魅力的な視線を感じつつ、
常日頃は、アジなどを手に取っておりました。

しかし、このままでは一生サバとは縁のない生活になってしまう、
と一念発起し、とうとう、サバの2枚おろし、を買ってきました。
どうするか。
栗原さん、有元さん、NHKテキスト、いろいろと眺めわたし、
敬愛する小林カツ代先生の「サバの味噌煮」に決定。

いや〜、おいしかったです。
サバを手に取るまでの「生臭いんじゃないの」とか「じんましん出る?」とか、
「早く傷んじゃうらしいよね」などという逡巡をかっとばす、うまさ。
一人で半身、食べてしまいました。
ああ、こんなことなら、もっと早く食べてみればよかったわ。
今ではすっかりサバのとりこなのでした。
by hao3chi1 | 2006-11-09 07:34 | 食べるもの | Trackback | Comments(6)

和のもの

しばわんこの和のこころに影響されたわけではないのですが、
徐々に生活雑貨に「和物」が増えつつあります。
掃除道具で言えば、
ほうき(江戸箒とシュロ箒)、ちりとり(はりみという紙製)、はたき。
料理関係では、
たわし、シュロブラシ、おひつ、茶びつ。
洗濯関係では、
洗濯板、竹製洗濯かご、脱衣かご。
さすがに、衣類までは和服にならないのですが、
いつかはきっと、という夢はあります。

今、いいなあと思っているのは箱膳。
一人分の食器が入って、ふたを裏返すとお膳になるというもの。
これだと食器棚いらないよね、と思いつつも、
これで食べるには正座かあ、というのはちょっと辛いところ。
(男の人だとあぐら組めるからいいかもしれませんが。)

母親の世代がどんどんと手放していった道具を、
娘世代でせっせと取り戻しているという感があり、
我ながらなかなか興味深いな、と思います。
by hao3chi1 | 2006-11-04 10:37 | 雑貨 | Trackback | Comments(7)