人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Kindleでついに憧れのポルトガル語の本を入手

ポルトガル語の本を読んで勉強しようと思っているのですが、
なかなか手に入りません。
アマゾンで探しても、アマゾンUSで探しても、
思うように見つかりませんでした。
おそらく、神田あたりに出かけて専門書店をのぞけばあるのでしょうが、
そういう機会もなく、ちょっとあきらめ気味でした。

が、とうとう、入手可能な方法を見つけました。
アマゾンのKindleです。
これにても、ポルトガル語本は見つけにくかったのですが、
本日、コエーリョのポルトガル語サイトを見ていたら、
Kindleというパートがあり、もしやとクリックしてみたら、ありました。
アルケミストほか、コエーリョの本のポルトガル語版がぎっしり。
しかも、紙バージョンより安価、で、すぐに伝送されます。
まずは、手始めに"O Alquimista"をダウンロードしました。
楽しみ楽しみ。♪

これで、辞書引きながら勉強できます。
やったあ、って感じです。
by hao3chi1 | 2010-02-27 16:15 | ことば | Comments(4)

恵比寿に行ってきました

なんとかお昼前に時間を見つけ、電車に乗って恵比寿へ行ってきました。
目指すところは、東京都写真美術館。
本日、木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン展が最終日なのです。

強風の影響で電車は遅れつつも、無事に恵比寿に到着。
動く歩道に乗ってみると、
なんとなんと、両側の広告がみんな、ビール関係!!
じっと乗っていると、もうビールが本当に飲みたくなってきました。
(車運転がなければ、絶対に飲んでしまうと思います。)

写真美術館は動く歩道を降り、信号を渡ればすぐそこ。
恵比寿には初めて来たのですが、街のきれいさにびっくり。
カメラ持ってくればよかったなー、と思いつつ、美術館到着。
入場券を買う人々が行列しています。
さすが、最終日。
ブレッソン展のほかに、石川直樹さんほかの写真展もあったのですが、
時間の関係で、泣く泣く断念。

木村伊兵衛とブレッソン展、すばらしかったです。
モノクロ写真が中心ですが、人物写真に暖かみがありました。
菅原一剛さんが敬愛してやまないブレッソンですが、なるほどなあ、って思いました。
展覧会場の最後あたりに、ふたりのコンタクトプリントがあり、
これがまた、すばらしかったです。
こうして、写真家は写真を撮っているのか、というのがわかります。

目録を買ってきたので、これからまたしみじみと鑑賞します。

かなり無理していった展覧会でしたが、
本当に、足を運ぶ価値がありました。
by hao3chi1 | 2010-02-07 20:37 | しゃしん | Comments(6)