<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

RadioSHARK復活への道(2)

とりあえず、純正ソフトが立ち上がるようになり、大喜びしたもつかの間、でした。

今度は、

録音できない問題が勃発!!!

これは、予約録音はおろか、リアルタイムでの録音もできず、特にリアルタイムで録音しようとすると、「予期しない理由で終了」になってしまいます。

ああ、これは困った。
NHK語学番組録音専用なので、これでは使えません。
もちろん、Sierraになってからは、AudioMIDIで、radioSharkのフォーマットの設定を44100.0Hzに設定変更してあります。
それで、今回のクラッシュ騒動までは録音(予約録音も)できていたのです。

やっぱり、ふかーいところでうまくいっていない模様。

純正ソフトでは周波数設定までしかできないのでしょうか....


by hao3chi1 | 2018-10-30 14:16 | エレクトリック | Trackback | Comments(0)

RadioSHARK復活への道(1)だがそうは問屋が卸さない!

RadioSHARK純正ソフトウェアがクラッシュ(予期しない理由で終了)して立ち上がらなくなってしまい、
もうこれは.....と断念しましたが、
そうはいっても諦めきれず、徹底的にウェブを検索して解決策を探しました。

主なルートは3つ。
1)そもそものmacOSをダウンデートする、つまりSierraからその前のEl Captainに。
2)RadioSHARK純正ソフトの代替アプリケーションを探す。
3)RadioSHARK純正ソフトが立ち上がるよう直す

結果から言いますと、

無事、3を完了し、純正ソフトは再び立ち上がるようになりました!

忘れないように(もしかしたら、同じ悩みでさまよってる方もいるかもしれないので)書いておきます。
2についてのお話はまた次回に(これも結構、粘りました。)

散々検索して、やっと見つけたのはこちら。
それからこちらのコメント欄。

いずれも、このように記載されています。

スケジュールを設定した際に生成された

Home/Library/Calendars/Radioshark.ics

というファイルが悪さをしていることがわかりました


なるほどそうか、とspotlightで検索をかけても、そもそもLibraryというフォルダが見つからない!

普通に見える「ライブラリ」というフォルダとはどうも違うらしい、どうやったらそこに到達できるの??


こちらも検索しましたが、どうもよくわからず、finderのヘルプに打ち込んで検索。

何とかヒットしました。


「ライブラリ」フォルダは非表示です。何らかの理由で「ライブラリ」フォルダを開く必要がある場合は、デスクトップをクリックして Finder にいることを確認し、Option キーを押したまま「移動」>「ライブラリ」と選択します。


これだ!!


やっと、件のライブラリに到達、その中のCalendarsフォルダを発見、中身をのぞくと...... ありました!

問題のファイルが!

半信半疑で削除して、改めてアプリを立ち上げてみると、


じゃーん、無事、立ち上がりました!


うわー、やったー、よかったー。

無事、使えるようになりました。

ただし、今回のあれこれで、元々のアプリは削除、新しく入れ直したので、録音設定は空白。

最初から設定し直し、となりますが、ともあれ、開けるようになったので一安心です。


そういうわけで、また使いまーす。


by hao3chi1 | 2018-10-26 21:25 | エレクトリック | Trackback | Comments(0)

RadioSHARKとうとう終わる

長年愛用してきた、RadioSHARKですが、今朝、とうとう使用不能となりました。

RadioSHARKというのは、ラジオ放送をmacでタイマー録音してiTunesに自動で入れておいてくれる大変便利なガジェットでした。
開発はとっくに終了していて(2007年くらいか)、その後、いろいろだましだまし使ってきてました。
特に、macがSierraにアップデートしたときには一時期、まったく録音できなくなり、かなり観念したのですが、
録音レートだとか録音様式だとかを変更して、なんとか無理矢理使ってました。

それが、今朝、そういえば「まいにちスペイン語」の福嶌先生は中級編になったので、録音の曜日を変更しなくては、と気づき、ソフトを開いた途端に、

クラッシュ!

それ以後、ソフトを入れ直しても、どうやっても、「予期せぬ理由で」開けなくなってしまいました。

万事休す。

ソフトが開けない以上どうしようもなく、ついに使用を断念するに至りました。
今は、「ラジリンガル」も併用しているので、絶望的な、と言う状況ではないものの、やっぱり長年使っていたものが使えなくなるのは非常に悲しいものです。
でも、仕方ないのかな。
古いものは脱皮して、新しくやり直す、というのも必要なのかもしれませんね。

これで憂いなく、macのアップデートもできる、というのは朗報ではありますが。

RadioSHARK、今までありがとね。語学番組の録音、お世話になりました。

追記)その後、復活させました!

by hao3chi1 | 2018-10-15 07:46 | エレクトリック | Trackback | Comments(0)